TOPインフォメーション

2014年07月25日
新設法人フィールドVol.13「消費税」

こんにちは、今回は「消費税」のメリットについてお話しします。

個人事業をされている方で課税売上高1,000万円を超える方は、
消費税の課税事業者になっていると思います。
その方が、もし法人設立をした場合はどのようになるでしょうか。
設立事業年度から課税売上高が1,000万円を超える事業者の方でも、
資本金額1,000万円未満で法人を設立した場合には、
設立1,2期目までは消費税の免税事業者となります。
設立3期目から消費税の課税事業者になるということですね。

ただし、H23年度の税制改正により、H25年1月1日からは、
設立事業年度の上半期の課税売上高と給与支払総額が共に1,000万円を超える場合に、
設立2期目から課税事業者となります。
※事業開始6か月で売上金額の予測が1,000万円を超える事業者の方は注意が必要です。

消費税の負担は大変です。
決算期をうまく設定することで、免税期間を最大限利用できるようにようにしましょう。

上記のように、個人事業者からの法人成りの検討は考えることがたくさんあります。
法人を設立される際は、是非一度ご連絡ください。

よろしくお願いします。

新設法人フィールド 後山