TOPインフォメーション

2013年01月25日
確定申告のご案内(2) 住宅借入金等特別控除について

住宅借入金等特別控除とは、
住宅借入金でマイホームの新築、取得または増改築を行い、
自分の住まいとして使用している方が受けられる税額控除です。
以下の要件に該当する場合、
住宅借入金の年末残高に一定の率を掛けて算出した金額が
所得税額から控除されます。
 ・住宅に関する要件 …取得した住宅・増改築の床面積が
                 50平方メートル以上であること等
 ・住宅ローンに関する要件  …住宅購入・増改築の為に組んだローンで、
                      返済が10年以上であること等
 ・適用を受ける方に関する要件…所得が3,000万以下の方で、
                       居住用財産の特別控除の特例などを受けていないこと等
住宅借入金控除は24年までは控除金額が減少傾向になっていました。
実際に、24年控除金額の最高額は30万円ですが、
25年は控除金額最高20万円で終了になる予定でした。
しかし、平成25年税制改正大綱では、25年以降の控除金額を40万円に増額、
控除期間を4年間延長するとしています。
今回の税額控除に限らず私たちの身近な税金は変化しています。
何かご不明な点などあればぜひ一度当社へご連絡ください。
御電話をお待ちしております。
税務コンサルティング部
後山 泰毅
目指せ相談しやすさ№1!!