TOPインフォメーション

2013年05月13日
おすすめ書籍 Vol.1

~『100円のコーラを1000円で売る方法』 永井孝尚著 ~


税務コンサルティング部の中島です。
ゴールデンウィーク明けから気温も上がり、
冷たい飲み物が恋しくなる季節となりました。
自動販売機で買う120円の冷たいドリンクは
高いと思いますか、安いと思いますか?


2年ほど前に話題になった
『100円のコーラを1000円で売る方法』(永井孝尚著)に、
「サービスという目に見えない価値を売っている」という部分で
ディスカウントストアとリッツカールトンの比較が書かれていました。


ディスカウントストアで60円ほどで買えるコーラですが
そこで売っているのはコーラという液体そのもの。
一方、リッツカールトンが売っている1000円のコーラは、
心地よい環境で最高に美味しいコーラを飲めるという
体験であるということが書かれていました。
サービスの価値を具体的にわかりやすく理解できる部分でした。
本書にも書かれていましたが、コストを下げて価格競争するという戦略は
市場リーダーにしかできない。
世の中のほとんどの企業は本来価格競争してはいけない
という考え方は共感するところです。


cola.jpg


ご紹介した本書のテーマは
顧客中心主義とは、「顧客に振り回される」ということではなく
「顧客の課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、提供する」
ということで、10個のテーマで解説してあり、大変気づきの多い本でした。
目に見えないお金(マネー)の価値、それを適切な具体例で
読者に伝えている部分でもおおいに参考になりました。


税務コンサルティング部 中島