TOPインフォメーション

2017年08月28日
第107回今週の気づき・学び「税理士試験を受けて」

税務コンサルティング部の鈴木です。
第107回の「ベスト気づき・学び」を紹介します。

「税理士試験を受けて」

8月9日に税理士試験を受験してきました。
税理士試験は年に1度しかなく、この試験日にピークが来るように
日々勉強に取組んできました。

試験対策として、専門学校の授業を受けて、与えられた教材もすべて解き
それなりの対策をして臨みましたが、最近の試験の傾向が変わりつつあると
思いました。

私は所得税法という科目を受験しまして、問いの中心は
新規に開業したお客様が開業する際の所得税法上の
注意点やアドバイス的なことを簡潔にわかりやすく答えなさいという
問題でした。

これまでの試験の傾向は、実務ではあまり出てこないような難しい取扱いを
ひたすら暗記してきて解答する傾向でした。
しかし近年はあなたが税理士だったらどう答えますか?
という問いに、わかりやすく説明できる資質が問われるように
なってきたと感じています。

専門学校の教材で身につけた知識も重要ですが、
私達がお客様から身近に相談を受けるようなことが
試験で問われるようになってきましたので、
常日頃のお客様への対応がいかに重要であるかということを強く感じました。

弊社では、「相談しやすさNo1」というスローガンを掲げています。
今回の税理士試験は、この人に相談しても大丈夫だろうか?
というメッセージが強く込められていましたので、
これからもお客様からの相談に応えられるような税理士を目指したいと思いました。
税務コンサルティング部 鈴木

study_night_boy