TOPインフォメーション

2018年01月29日
第123回今週の気づき・学び「面倒くさいの裏には生産性向上のヒントが」

こんにちは、財務部の田村です。
第123回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「面倒くさいの裏には生産性向上のヒントが」

経済評論家の勝間和代氏はロジカルシンキングで有名ですが、
仕事だけではなくプライベートでもロジカルシンキングで、
例えば、家の各部屋、キッチン、車の中にも各所タブレットが置かれているとのこと。
持ち運ぶことが面倒、無駄ということみたいです。

私たちの普段の仕事においても、
この作業って面倒くさいよなというものがあると思います。
そのような時はビッグチャンス!!
効率化に取り組み生産性を上げるチャンスです。

面倒くさいことをそのままにしていても、
その作業が来るたびに毎回毎回面倒くさい気持ちが蓄積されるだけですが、
一度、面倒くさい作業を効率化させてしまえば、
今までとは明らかに生産性が変わると思います。

一生、ガタガタ道を車で進むのと、
一度、道を整備してから車で進むのとでは、
燃費も走行距離もかなり違うのではないでしょうか。
それが自分だけではなく、後続車にも影響するとしたら効果は何倍にもなります。

面倒くさいことを毎日探すのも面白いものです。
周りに「面倒くさい」はありませんか?

財務部 田村誠司

magnifier3_man