TOPインフォメーション

2018年01月29日
確定申告のご案内Vol.2 「確定申告をする必要がある人」

確定申告の時期がやってきました。

毎年、この時期になると「確定申告しなくていいのか、どうなのか?」
という問合せが必ずあります。
サラリーマンでも副業がある方は、場合によっては申告しなくてはいけません。
例えば、こんな方です。

①給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
②給与を1か所から受けていて、各種の所得金額
(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
③給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、
各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が
20万円を超える方 (※)
最近、話題の仮想通貨は雑所得になります。
給与を受けていて仮想通貨の所得(儲け)が20万円を超える方は
確定申告をする必要があります。
また仮想通貨の申告方法等は別途、詳しくご紹介します。

逆に申告不要の代表例は、

①退職所得は、退職金の支払の際に支払者が所得税及び復興特別所得税を
源泉徴収するだけで所得税及び復興特別所得税の課税関係は終了するため、
申告不要のケースが多いです。
②年金収入の方は、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、
公的年金等に係る雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合には、
確定申告不要です。

これらは、一例です。詳しくは、弊社にご気軽にお問い合わせください。

(※)給与所得の収入金額から、所得控除の合計額
(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く。)
を差し引いた金額が150万円以下で、
更に各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)
の合計額が20万円以下の方は、申告不要です。

会計部 月田