TOPインフォメーション

2018年02月27日
確定申告のご案内Vol.12 「事業所得」

みなさま、こんにちは。
財務部の北川です。

今回は事業所得についてお話したいと思います。

事業所得とは、農業・漁業・製造業・卸売業・小売業・サ-ビス業その他の事業を営み
対価を得て継続的に行う事業から生じる所得を言います。

 

これらの所得がある方は事業所得として確定申告をしなければなりません。

申告方法に『青色申告』と『白色申告』の2種類があることをご存知でしょうか。
『青色申告』とは日々の取引を帳簿に記録し、申告する制度です。
複式簿記もしくは単式簿記での帳簿の記録が
義務付けられているだけでなく、事前に税務署に届出が必要です。
手間がかかる分、節税面で特典があります。

 

『白色申告』とは青色申告を選択しなかった事業者、
もしくは届出を提出しなかった場合は自動的に白色申告になります。
2014年(平成26年)から白色申告者にも
単式簿記での記帳と帳簿等の保存が義務付けられ
帳簿作成に限って言えば青色申告とさほど手間は変わりません。

 

しかし『青色申告』の場合に限っては特別控除を受けることができます。
やや複雑な複式簿記を選択した場合は65万円の控除、
単式簿記の場合は10万円の控除になります。
この控除は経費と同じ効果でなおかつ領収書が必要ないのです。

この特別控除が見直しされることになりました。
青色申告特別控除65万円が55万円に引き下げられます。
(平成32年以後の所得税に適用)

ただし、次に該当する場合は65万円控除を適用できます。
①その年分の事業に係る仕訳帳及び総勘定元帳について、
電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律に
定めるところにより電磁的記録の備付け及び保存を行っていること。

②その年分の所得税の確定申告、貸借対照表及び損益計算書の提出を、
その提出期限までに電子情報処理組織(e-Tax)を使用して行うこと。

つまり

①会計ソフトを使って記帳している場合に
その帳簿の保存をCD_ROMなどに保存をすることを
税務署に届け出て実際に帳簿の保存をCD_ROMなどにしている場合

②電子申告(e-Tax)した場合

これらに該当すれば青色申告特別控除は65万円のままです。

税制改正の内容に注意して事業主のみなさまは是非『青色申告』の特典をご活用下さい!
そしてこれから事業主になられる方は『青色申告』を是非選択して下さい!
帳簿作成や会計ソフトの選択にお悩みであれば
いつでもご相談いただければ対応いたします。

 

また、当社の申告書は基本的に電子申告で提出しておりますので、
今後も安心して65万円控除が適用できます。
不明点等ございましたらお気軽にお電話ください。

0120-39-5233

財務部 北川 洋美