TOPインフォメーション

2014年02月20日
Discovery & Growing 2013 Vol.14

みなさん、お元気ですか?
税務コンサルティング部の竹田です。

 

今年の発見は、「雨ニモマケズ」です。そう、あの有名な宮澤賢治の詩ですね。

これまでじっくりと読んだことはありませんでしたが、
この歳になってあらためて読んでみると、心の中にじわじわっと沁み込んできました。
「雨にも負けず/風にも負けず/雪にも夏の暑さにも負けぬ/丈夫なからだを持ち」
「欲はなく/決して怒らず/いつも静かに笑っている」

「あらゆることを/自分を勘定に入れず」

「南に死にそうな人があれば/行って怖がらなくてもいいと言い」

「日照りの時は涙を流し/寒さの夏はおろおろ歩き」
「みんなにでくのぼーと呼ばれ/褒められもせず/苦にもされず」
「そういうものに/わたしはなりたい」

 

最後の部分に「わたしはなりたい」とあるので、
宮澤賢治自身がそうなりたいと願って書いた詩であることがわかります。

僕もこんな風に生きていけたらいいなぁ、としみじみ感じました。

税務コンサルティング部 竹田