TOPインフォメーション

2013年06月28日
おすすめ書籍 Vol.13

~『世界経済を破綻させる23の嘘』ハジュン・チャン著~

税務コンサルティング部の東です。

北陸地方もいよいよ梅雨入りしました。
雨の季節はゆっくりと読書もいいのはないでしょうか。
私からのおすすめ書籍です。

マネー()、自由、貪欲、格差についての常識・通説を破壊し、
新しい世界経済の流れを読み解く本と紹介されています。

私も読み進めるうちに常識だと思っていたことを覆されて、
驚かされる箇所がたくさんありました。

例えば、
「第3の嘘 市場経済では誰もが能力に見合う賃金をもらえる」をみてみると

スウェーデンとインドのバス運転手の賃金格差を例にあげています。

両者を比較し換算するとスウェーデンの運転手の賃金は
インドの運転手のほぼ50倍となるそうです。

わたしたちが、みな個人的な価値に応じた賃金を
もらっているという神話から考えると、
スウェーデンの運転手の生産性がインドの運転手の50倍高いから
と考えられるのですが、本当にそうでしょうか?

それは、個人の生産性の違いではなく移民を抑える政策、
要するに政治的に決定されているものであると論じています。

もし、誰もが自由に移民できる状況なら、富める国の労働者は
貧しい国の人々に取って代わられるだろう。
ということです。

「自由市場では誰もが自分の価値に応じて公平な賃金を得ている」という
神話を打ち砕いただけでなく、発展途上国の貧困の原因についての
重要な洞察をも提供してくれたといえます。

今の世の中は当たり前だと思われていることが多いですが、
それらを取り上げて検証しているのが本書です。

第1の嘘 市場は自由でないといけない
第2の嘘 株主の利益を第一に考えて企業経営をせよ
第3の嘘 市場経済では誰もが能力に見合う賃金をもらえる

など23の嘘について論じています。

ぜひ、手に取って読んで頂きたいと思います。

税務コンサルティング部 東 由紀子

2013年06月26日
おすすめ書籍 Vol.12

~『きれいに死ぬための相続の話をしよう
   -残される家族が困らないために必要な準備』 植田統著~

税務コンサルティング部資産税課上席マネージャーの森本です。
最近本屋さんに行けば、相続の本ばっかり。
あまりに情報が溢れると何がいいか解らなくなりませんか?
そんなあなたに、この本をお勧めします。

相続対策はお金(マネー)の話も大事ですが、争いを回避し
如何に円満に相続を迎えるかが大事。

基本、今の民法では『平等主義』ですが、
親の想い、本家・家業を守るため、親の面倒をみる、等考えれば
『相続における平等主義は、本質的な平等じゃない!』って思います。

生前の関係の深さに関係なく、
法定相続分が決まってるんですから。
だからこそ、親の想いを残すことが必要なんです。

相続対策で是非やって欲しいことは、
①親子の話し合い
 お金(マネー)のこと、会社のこと、家のこと。先ずは親子で話し合って下さい。
 なかなか難しいですが、これをしないと
 お互いにどうしたらいいのかわかりません。
 場合によっては、引き継ぐ側が望んでいない相続対策をしてしまったケースもあります。
②財産目録を作る
 どこに何があるのか。相続発生後に残された遺族はここに悩みます。
 大切な人を失って失意の中、どこに財産があるのか探すのは一苦労です。
 財産目録を作っておけばそんな不安も解消できます。
③相続税の試算
 自分に万が一のことがあった場合いくら税金がかかるのか知っておきましょう。
 税金は相続発生後10ヶ月以内の金銭納付が原則。
 金額を知っておけば自分に合った節税方法も検討できます。
④遺言書やエンディングノートで気持ちを伝える
  家族、会社、自分の今後も含めて遺言書を作ってほしい。
 でも、お金(マネー)のことだけ書いてもダメ!
 必ず追記でもいいから、残される家族への感謝、
 どうしてそういう意思を示したのか、を記してほしいのです。
 親の気持ちを記しておけば、なかなか子供も
 その気持ちに逆らおうとは思わないものです。

実は私もエンディングノート書いてみました。
財産のことだけではなく、家族や知人への感謝や想いを
じっくり考えて綴ることができます。
また、これからの自分の人生についてもリスタートする機会にもなります。

「お金(マネー)」だけでなく、「想い」を残すために、皆さんも是非書いてみてくださいね。

税務コンサルティング資産税課上席マネージャー 森本

2013年06月24日
おすすめ書籍 Vol.11

~『金持ち父さん 貧乏父さん』~  ロバート・キヨサキ + シャロイン・レクター 著

税務コンサルティング部の田村です。
私のおすすめは『金持ち父さん 貧乏父さん』です。

日本でもシリーズ累計300万部を超すベストセラーのため、
今更おすすめをしなくても、多くの方が一度は
読まれていることと思います。

少年ロバートが、お金(マネー)についての考え方が
全く違う2人の父親(金持ち父さんと貧乏父さん)から、
『お金(マネー)』の哲学を学び、お金持ちになっていくというストーリーです。

初めてこの本を読んだときに、一番印象に残ったフレーズをご紹介します。

「資産は私のポケットにお金(マネー)を入れてくれる
 負債は私のポケットからお金(マネー)をとっていく」

一般的には家や自動車を資産として認識しますが、
著者は家や自動車を負債として捉えています。
私のポケットからお金(マネー)をとっていくからです。
(土地、家屋、家具、固定資産税、ローン返済等)

他にも経営者と雇用者の対比や、お金(マネー)の流れ、
普段は考えないことをたくさん考えさせられる一冊です。

何度も読み、考えながら読んでみると
『お金(マネー)』についての新しい発見があるかもしれません。

税務コンサルティング部 田村 誠司

2013年06月19日
おすすめ書籍 Vol.10

~『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』 伊藤 邦夫著 ~
税務コンサルティング部の柳矢です。
タイトルに驚いて思わず手にしたのがこの本です。
読んでみると「お金(マネー)持ちになる法則」はとってもシンプルなものでした。

  法則Ⅰ 自分のために働き、自分のお金(マネー)をつくる
  法則Ⅱ 自分のお金(マネー)を働かせて、お金を生ませる
本書ではこの法則を6つのステージに分けて解説しています。
投資家のレベルをアリ→カモ→カメ→ヒヨコ→スワン→ゴールドスワン に例えて、
投資について分かり易く書いています。
私自身、投資については全くの初心者であり、興味深く読んだのですが、
一番心に残ったのは「投資で大事なことは自分で判断できること」ということでした。
これは投資だけに限られるものではありません。
自分自身、正しく判断が出来るように日々知識をつけていかなくては、と思いました.。
税務コンサルティング部 柳矢 治恵

2013年06月14日
おすすめ書籍 Vol.9

~『10年後に差が出る!富を作るために「お金」と「経済」を学びなさい』 菅下清廣著~
税務コンサルティング部の黒梅です。
日本経済復活の期待が高まっている今「お金(マネー)」と経済について
改めて興味を持ち始めた若い方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回はそんな若者が最初に手に取るのにはおすすめの一冊を紹介します。

本書では「お金(マネー)」と経済を読み解くために7つのキーワードを挙げて、
それぞれの内容と関連性についてわかりやすく説明しています。
「お金(マネー)」や経済の知識を使って自身の生活を豊かにし、
人生を楽しくすることが大切であると語り、
勉強法としてまず広く浅く情報を読むことを紹介していますが、
まさに本書がそれに当てはまると感じました。
「お金(マネー)」と経済の勉強の第一歩として本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。
税務コンサルティング部 黒梅

2013年06月6日
おすすめ書籍 Vol.8

~『持たない暮らし』 金子由紀子著~
こんにちは。(株)アットワークの高井です。
普段、仕事が終われば家計を預かる主婦として、やりくりに奮闘中です。
私のおすすめ書籍は、金子由紀子さんの「持たない暮らし」です。
この本は、節約本というよりは、少しの物で豊かな暮らしをしていく
ヒントを教えてくれる本です。

持たない暮らしをするための7つの習慣として、
 1.もらわない
 2.買わない
 3.ストックしない
 4.捨てる
 5.代用する
 6.借りる
 7.なしで済ます
とあります。
なかなか難しいことですが、
例えば2の買わないは、
一度では買わないということで、本当に必要なものか、
本当に気に入ったものか吟味して買うということです。
それは3のストックしない、5の代用するにつながっていくのですが、
それによって、お金(マネー)を大切に使うことにつながります。
どうせ買うなら暮らしが楽しく豊かになる買い方をしたいものですね。
その他に、片づけは一度にするのではなく、2週間の単位で徐々に
していき、キープするといったことが書いてあります。
持たない暮らしをすることにより、無駄なものを買わないので、
お財布にも優しく、節約につながっていきます。
直接経営と関係がないようですが、ヒントになる部分もあるのではと思います。
(株)アットワーク 高井

2013年06月3日
おすすめ書籍 Vol.7

~『問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい』 山田真哉著~
税務コンサルティング部の小松です。
とうとう来年4月に迫った消費税増税。あらゆるメディアで
検証や対策が取り沙汰されておりますが、皆様は何かこれだ!
という対策を持っていますでしょうか?
家計に、ビジネスに、将来に、あらゆる『お金(マネー)』の面に影響を
与える消費税増税、今こそ『お金(マネー)』に役立つ会計の知識と考え方を
知っておくべきです。

ということで、本書の題名である例題です。
2000円の高額弁当を「安い!」と思わせる方法
1・2・3秒
どうでしたでしょうか?
具体的な解答はここでは避けますが、
そもそもの弁当自体の価値ではなく、
お客様の価値観と価値基準を変えてしまう
「土俵変換」や「アンカリング」という手法は、
私も旅行などに行った時などは、
まんまと高額なものを買っているなと納得させられました。
本書では題名となっている例題のみではなく
「高級料亭が1000円ランチを始めた理由は何故か」など資金繰りや
数字の活用方法など色々なバージョンの例題が
用意され分かりやすく解説してくれています。
これから事業を始めようと考えている方にはお金(マネー)のセンスを磨くために、
ベテラン経営者にはこれまでの復習のために、おすすめの一冊です。
税務コンサルティング部 小松 弘

2013年05月28日
おすすめ書籍 Vol.6

~『成功への情熱―PASSION―』 稲盛和夫著~
㈱アットワークの南です。
新緑眩しく、時折初夏の暑さを感じる今日この頃になりました。
今日は日本の有名な実業家の一人である、稲盛氏の本をご紹介します。

ちなみにタイトル中の「PASSION」とは以下の頭文字からきています。
PROFIT(利益)
AMBITION(願望)
SINCERITY(誠実さ)
STRENGTH(真の強さ)
INNOVATION(創意工夫)
OPTIMISM(積極思考)
NEVER GIVE UP(決してあきらめない)
その中でも、PROFIT(利益)とそれにかかる税金についてこう言っています。
「お客様の望まれる質の高い製品を供給するために
一生懸命働いて、公明正大に利益を得るのです」
「税金は私たちがビジネスを営んでいる社会を支えるための必要経費と考えます」
税金を払えばお金(マネー)は減りますが、
利益が出ているからこそ将来の事業拡大図を描く事が出来ます。
本当に必要な時に人(従業員)や物(設備)にお金(マネー)を投資する事で更なる利益を生む。
この繰り返しがビジネスの基本にあるように思いました。
その他にもこの本には経営哲学だけでなく、人生にも役立つ言葉が沢山あります。
私個人としてはもっとSINCERITYを強く持って
お客様と接して行きたいと、より強く思うようになった一冊です。
㈱アットワーク 南

2013年05月24日
おすすめ書籍 Vol.5

~『経済ってそういうことだったのか会議』(佐藤雅彦、竹中平蔵 著)~
こんにちは。
税務コンサルティング部サブマネージャーの奥田です。
マネーをテーマにしたおすすめの1冊はこれ。

第1刷発行が2002年9月ですので、
随分と時間が経っていますが、
今読み返しても多くの学びがあります。
冒頭、小学校の頃に牛乳瓶のフタを集めることが流行り、
フタを持つことに価値が生じ、経済活動の疑似体験を
したことが書かれています。
そこからお金(マネー)には次の3つの役割があると解説しています。
(1)価値尺度(物事の価値を測る尺度)
(2)交換手段
(3)貯蓄手段
お金(マネー)が交換手段であり、一定の価値を示すものであるのなら、
お金(マネー)の流れと逆の流れで動いてくるモノやサービスは、
その価値を持つものということになります。
ということは、お金(マネー)が流れてくるようにするには、
相応の価値を持つモノやサービスを提供すれば良いということです。
当たり前のことなのですが、お金(マネー)の本質はそういうことです。
昨今の経済環境は激しく動いております。
そんな時代だからこそお金(マネー)の本質に立ち返り、
「何に」「どのような」価値があるのか、
「誰に」「どこで」「どうやって」その価値を提供するのか、
その価値を「どのように」知ってもらうのかを徹底的に考え抜いて、
実践していきましょう!
税務コンサルティング部
サブマネージャー奥田 龍史

2013年05月21日
おすすめ書籍 Vol.4

~『お金の話をやさしく伝える本』 本田健著~


税務コンサルティング部の片山です。
現代人のほとんどが、お金(マネー)に支配されていると言われていますが、
皆さんはどう思われますか?
この本によると、
一見、十分なお金(マネー)があれば解決できるように見える問題も
実際はお金(マネー)とはほとんど関係ない場合が多いそうです。

これは私が抱える悩みの本質でした。
私は大学卒業まで吹奏楽を続けてきました。
4月から社会人になり、また楽器を続けたいという思いもありますが
楽器を買うお金(マネー)が無いと思って諦めていたのです。
しかし、本当は仕事と両立できるかの不安で動けなくなっているだけでした。
このように、本を読み進めながらお金(マネー)との付き合い方について
深く考えることができました。
この本のキーワードは「幸せなお金持ち」です。
幸せなお金持ちは、
お金(マネー)を使うときも受け取るときも感謝し、
自分や周りの人を喜ばせるためにお金(マネー)を使い、
毎日をワクワクしながら生きています。
「お金(マネー)とどう向き合うのか?」は
「人生をどう生きるのか?」と似ています。
お金(マネー)と楽しく付き合って、人生も楽しみたいと思います。
税務コンサルティング部 片山

1 2 3