TOPインフォメーション

2018年09月20日
第147回ベスト気づき・学び「先を見越し行動を」

みなさま、こんにちは。
会計部の表です。
第147回の「ベスト気づき・学び」を紹介します。

「先を見越し行動を」

 

先日の台風の影響はいかがでしたでしょうか?
弊社のほうでも被害に備えて、午後からの営業をお休みさせていただきました。

 
当日は午後から担当先の企業様を訪問予定でして、
台風は大丈夫かな・・・と思いつつも、訪問する段取りを進めていました。
ところが、訪問時間が近づいてきた頃、お客様のほうから
『台風がきているので今日の訪問を改めてほしい』とお電話をいただき、
後々になってこちらからお電話をするべきだったなと後悔をしました。

 
私たちの仕事は
お客様や他の方から言われてから行動するのではなく、
先を見越して予測を立てた行動や
提案をしていかねばなりません。
ちょっとした判断ミスや対応の遅れが
思いがけない事故に繋がる可能性も十分考えられます。

 

常にお客様への対応の在り方を考え、
お客様の未来を見据えた行動を心がけていきたいと
改めて感じました。

tenki_boufuu

会計部 表

2018年09月10日
第146回ベスト気づき・学び「情報というもの」

財務部の奥田です。
第146回の「ベスト気づき・学び」を紹介します。

「情報というもの」

 

情報には地域差があります。

 

・地域によって課題や目指しているところが違います。
・集まっている人たちも違います。
・そこで取り扱われている情報も、当然、違います。

 

ですので、

 

・同じ事業をしていても、
・同じ従業員数であっても、
・同じ年間売上高であっても、

 

情報は大きく異なります。

 

どの情報が正しいとか、
間違っているとかではありません。

いつもと違う情報があることを念頭において、
その情報を得る仕組みを持つことが非常に大事ですね。

いつもと違う情報に触れることができれば、
そこで既存の情報との化学反応が起き、
新しいアイデアを得ることができます。

 

あるお客様とお話をしていて、
「情報というもの」の性質について、
改めて考えさせられました。

presentation_kaigi_man

財務部 奥田
2018年09月3日
第145回ベスト気づき・学び「下準備を大切に」

会計部の長木です。
第145回の「ベスト気づき・学び」を紹介します。

「下準備を大切に」

対照的な2件の決算を進めています。
一方は順調に進めていますが、
もう一方は、
1年間の記帳の振り返りに時間がかかっています。
記帳を都度しっかりまとめて整理することの大切さを、
改めて実感しています。

何事においても、下準備を丁寧にする事は、
作業スピード、品質等
先々において良い影響が生まれる要素になります。
仕事をするうえで今まで以上に心がけていきたいと思います。

 

junbiundou_shinkyaku

会計部 長木

2018年08月27日
第144回ベスト気づき・学び「仕事の向き合い方を考える」

会計部の坂です。
第144回の「ベスト気づき・学び」を紹介します。
「仕事の向き合い方を考える」

 

今年の夏は本当に暑かったですね!
お盆が過ぎると涼しくなる・・・といわれることも多く
暑さも落ち着くのかと思いきや
台風も次々と来襲し
まだまだ涼しくなるには程遠い感じです。。。

 

さて、
暑さを言い訳にしてはいけないのですが
最近、集中力に欠けている気がします。

気づいたときに、直ぐに確認をしたり調べたりすれば
解決してしまうことや防げる簡単なミスが
仕事でもプライベートでも続いているように思います。

後回しにしたり、思いこみであったり、勝手な判断をしてしまったり・・・
ほんの少し自分に余裕をもって
目の前の事に向き合えば
無駄な時間を防げることも多々あるようにも感じます。

 

どんな時も
言い訳をしなくていいように
仕事にも自分にも向き合っていけるようになりたいです。

 

まだしばらく暑さが続きそうです。
皆さま、くれぐれも体調にご留意ください。

 

study_woman_mimisen
会計部 坂

2018年08月20日
第143回ベスト気づき・学び「自計化」

会計部の本田です。
第143回の「ベスト気づき学び」をご紹介します。

 

今回は「自計化」についてお伝えします。

会計事務所に経理処理全般を
おまかせして頂いている方が多くいらっしゃると思いますが、
「自計化」とは、経理業務を企業側自身で行うことを言います。

経理処理全てを会計事務所に依頼したとしても、
資料の収集や、質問等で
結果的に時間を要する場合が時々見受けられます。

 

近年はクラウド会計といった、
自計化を更に効果的に行う事が出来るツールがどんどん増えてきております。

効率的な経理体制の構築化を進め、
経理業務にかかるコストを圧縮していく、
そういった方法を提案させて頂くことも
私達の重要な仕事だと考えております。

ご興味がございます方は
お気軽にご相談ください。

 

computer_hacker_white1
会計部 本田

2018年08月13日
第142回ベスト気づき・学び「基礎を大切に」

こんにちは、会計部の石井です。
第142回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「基礎を大切に」

会計事務所の仕事の一つに「監査」という業務があります。
監査という仕事を簡単にお伝えしますと、
お客様の日々の記帳を確認する業務です。

記帳代行という形で会計事務所側が行うことも多くありますが、
監査業務をすることで、その記帳業務の大切さに改めて気づきました。

記帳業務は一見単純そうに見えますが、多くの知識が必要です。
また記帳を丁寧に行うことで、
後に行う決算業務や税務調査がスムーズに進んでいきます。
記帳する際は丁寧に行っていきたいと改めて感じました。

pasokon_kyoushitsu

会計部 石井

2018年07月23日
第141回ベスト気づき・学び「新着情報を発信する」

こんにちは、会計部の長木です。
第141回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「新着情報を発信する」
源泉所得税の納付をお客様自身でされている方で、
現在まで、10%の徴収を続けていた方がいらっしゃいました。
法改正などの情報は、気にかけていないと気付かないこともあるかと思います。
もちろん新しい情報は、都度お伝えしていくよう、
社員一同心がけてはおりますが、
報酬源泉などは、支払い先によって
源泉額が変わってくることもありますので、
ご自身で納付をされている方でも、

ご不明な点や気になる点等ございましたら
お気軽にご相談ください。

 

food_zei_mayou
会計部 長木

2018年07月21日
第140回ベスト気づき・学び「逆算行動」

こんにちは、会計部の長尾です。
第140回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「逆算行動」

最近、7/10が納付期限の「源泉所得税の納期の特例」に関する業務をしました。
弊社からお客様へ納付書をお届けし、期限までに納付するということなので、
書類到着、社内での所得税の計算のチェック・修正を含めて
取り掛かり日の逆算を意識しています。

重要なことほど逆算して行動することを意識できますが、
何気ないことに関してまで落とし込められるよう、心掛けたいと思います。

長尾さん
会計部 長尾

2018年07月9日
第139回ベスト気づき・学び「宝の持ち腐れ」

こんにちは、会計部の表です。
第139回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「宝の持ち腐れ」

お客様の月次の進捗管理をするためにエクセル表を作成しています。

訪問日・資料預かり日・処理月分・データ入力日・納品日のみの

簡素なものですが毎月のスケジュール調整に役立てております。

 

 

先日、社内で“SHARES PRO”という社内管理システムの説明を聞きました。

これまで私が使っていたエクセル表よりも細分化されており、社内で共有ができるほか、

他の職員の進捗状況も確認できることに非常に興味を持ちました。

いくら良いシステムでも使用する人間が

上手く使えないとシステム本来の力を発揮できず、

「宝の持ち腐れ」となってしまいます。

良いシステムをより良く使用するために、

使い方を熟知するのみならず良さ悪さの把握も必要となります。

これはお客様や仕事仲間にも言えることではないでしょうか。

お客様の長所短所をよく理解し、

本領を発揮できる環境を作るお手伝いをすることも我々の大事な

仕事だと感じております。

takarabune

会計部 表

2018年07月2日
第138回ベスト気づき・学び「値段はお客様が決める」

こんにちは、財務部の田村です。
第138回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「値段はお客様が決める」

 
事業者の皆様は商品やサービスの値段を決める際にどのように金額を決めるでしょうか。

・自社の他製品と比較して値付けするでしょうか。
・競合他社の製品と比較して値付けするでしょうか。
・原価から値付けするでしょうか

上記のような判断基準を元に値付けすることも合理性はありますが、
お客様がもっと支払ってもいいと思ってくれているものに対して、
適正な金額を提示出来ていないとするなら、それは大きな損失です。

 
お客様はモノやサービス自体が欲しいのではなくて、その効果を購入します。
その効果に見合うものであれば、原価がいくらかは関係ないはずです。

 
売値は事業者様自身が決めるものでなく消費者が決めるものです。
御社の商品の値段を決める際、原価ばかり考えるのではなく、
効果から決めるものがあっても良いのではないでしょうか。

 

nefuda_yasui

財務部 田村誠司

 

 

1 2 3 4 5 15