TOPインフォメーション

2012年05月28日
税務会計(6)「税務顧問の役割」

税は商売をする上で切っても切り離せないものです。


そこで今回は設備投資をする場合を例にして、
税と上手く付き合う方法をお伝えしたいと思います。



例えば、設備投資をする場合に気になるのは、
いつどのくらい損金計上できるのかという点です。


その答えは、次の区分によって変わってきます。


①10万円未満なのか
②10万円以上20万円未満なのか
③10万円以上30万円未満なのか


①は、全額、使い始めた年度で損金に「できます」。
②は、3年間で1/3ずつ損金にすることが「できます」。
③は、全額、使い始めた年度で損金にすることが「できます」。


この「できます」というのがポイントです。
選択できるということです。



もう一つ例を挙げます。



例えば、1台で160万円以上する機械を購入し使い始めた場合、
その年度の会計処理はどのようになるか?


①通常の減価償却で終わり。
②通常の減価償却をし、さらに、取得価額の30%相当額の減価償却を
 追加「できます」。
③通常の減価償却をし、さらに、取得価額の7%相当額を算出した税額から
 控除「できます」。


と、やはり選択「できる」のです。



税制は毎年改正があり、
ついていくだけでも大変なことです。


私たちは各々の選択肢について、
その影響をご理解いただいた上で、
選択いただくようにしております。


それが税務顧問の役割であると考えております。



税務コンサルティング部
サブマネージャー
奥田 龍史

2012年01月12日
税務会計5「決算に向かっての策、決算を終えての策 ~決算予測、決算報告会~」

今回は決算前後のサービスについてご紹介します。


決算前のサービスは「決算予測」です。
利益はどのくらいになるか、
資金はどの程度あるか、
税金はいくらになるか。
決算日の3ヵ月程前から決算の着地点を予測します。


あらかじめ着地点を把握することで、
自分のありたい姿とのギャップを理解できます。
ギャップを理解したら、残された期間で打てる策を
検討していきます。
何もしない場合と比較して明らかに違った姿になれます。


決算後のサービスは「決算報告会」です。
決算書をもとに、過去の自分、目標としていた自分、
同業他社との比較等により現状を正確に把握します。


その上で、次の一年において何に取り組み、
どういう成果を出すかを考え新しい目標を決めます。
目標を掲げることの大切さはよくご存知のことと思います。



決算は一年の締めくくりとして大切であり、
また、始まりとしても非常に大切です。


この節目で現在の自分を振り返り、
将来の自分に向かっていきましょう!



税務コンサルティング部
サブマネージャー
奥田 龍史

2012年01月10日
税務会計4「税務調査があってもご安心ください!」

税務調査とは、税務署員が会社に訪問し、
正しい申告が行われているかを
帳簿等により確認することを言います。


税務調査があったとしても、
日頃から適正な処理をしていれば何ら問題はありません。
調査を受けた結果「適正な申告でした」ということも
もちろんあります。


税務調査の流れは次のようなものです。
・税務署から訪問依頼があります。
・事前にお客様と当社で必要資料、税務調査の流れなどの
 確認をします。
・当日、調査を行います。(当社税理士が立ち会います)
 2~3日間が一般的です。
・後日、必要に応じて税務署と折衝し結論を出します。
これで調査は終了です。


税務調査は誰でも不安になりますがご安心ください。
当社では、経験豊富なスタッフ・税務署OBであるスタッフが
サポートさせて頂きます。



税務コンサルティング部
サブマネージャー
奥田 龍史

2011年11月16日
税務会計(3)「会計を活用して元気になろう!」

今回は会計の使い方についてのご紹介です。


会計は2つの使い方があります。
ひとつは、会社の“外”に向けた使い方。
もうひとつは、会社の“内”に向けた使い方です。


会社の“外”に向けた使い方の代表例は、
金融機関への提出です。


なぜ提出するのか?


それは会社の状態を正しく理解してもらい、
必要に応じた支援をしてもらうためです。
私たちは『早く正しい会計資料』のお手伝いすることはもちろんのこと、
会計資料を“外”の関係者に説明することの支援もしております。
お客様が会社の“外”の関係者と良い関係を築けたとき、
この仕事をしていて本当に良かったなと思います。


次に、会社の“内”に向けた使い方です。
「利益は残せているか」「お金は足りているか」を
タイムリーに把握していくための使い方です。
具体的な方法の一つは、比較です。
年初に立てた計画との比較、過去の実績との比較、同業他社との比較。
比較することで、現状の数字の持つ意味が見えてきます。
意味が見えてきたら、次に問題点を検討していきます。
問題があれば、解決策を検討し実行していくことになります。


お客様の中には「従業員と共通の認識のもとに経営をしたい!」との思いから、
従業員様への説明を希望される方もいらっしゃいます。
私たちは、経営者だけがお客様とは考えておりません。
毎月の会議に参加させて頂き、従業員様も経営を考えることができるように
財務の視点からお話をさせて頂いております。


会計を活用してお客様が元気になることが私たちの使命だと思っております。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
一緒に経営を考えていきましょう。


税務コンサルティング部
サブマネージャー
奥田 龍史

2011年10月14日
税務会計(2)「現状を早く正しく認識することから始まる!」

今回は、税務会計(1)でお話しました「現状を早く正しく認識する」ために、
私たちが提供しています「記帳代行」と「会計監査」についてご紹介します。


中小企業は経営資源が限られています。
ヒト・モノ・カネ・ジカン・ジョウホウ。
このうち、今回はヒト・ジカン・ジョウホウの支援についての話です。
「記帳代行」とは、自社で会計資料を作成する余裕のないお客様に対しまして、
私たちが資料をお預かりして試算表などの会計資料を作成する業務をいいます。
お客様側では、会計業務の一部を外部に委託することになりますので、
貴重な経営資源(ヒト・ジカン)を有効活用できます。
そして、会計のプロである私たちが代行しますので、
早く正しい会計資料で現状を認識することができます。


次に「会計監査」についてご紹介します。
「会計監査」とは、自社で会計資料を作成しているお客様に対しまして、
その会計処理が適正に行われているか確認する業務をいいます。
自社で作成しているため「早く」は既に実現できています。
そこに「正しく」を付け加えるお手伝いをしております。
税制は毎年改正があり、その最新ジョウホウを中小企業が自ら把握するには
非常にジカンがかかるものです。
「会計監査」では、その最新ジョウホウを踏まえて「正しく」会計処理が
行われているかを確認していきます。


私たちは、このサービスを毎月行うことを基本とし、
お客様が現状を早く正しく認識することを支援しております。


また「記帳代行」「会計監査」ともに言えることですが、
私たちの長年のノウハウを活かして、経理方法を合理化・効率化する
お手伝いもしております。


次回は、この早く正しい会計資料をどのように活用するかについて
お話したいと思います。



税務コンサルティング部
サブマネージャー
奥田 龍史


 


 


 

2011年09月27日
税務会計(1)「費用になる会計!費用にならない税務?」

 
これから私たちの基本サービスの内容を6回に分けてご説明したいと思います。


まず今回は、サービス内容に入る前に会計と税務の違いからお話します。


会計と税務は、一般的には「会計」という一言で表現されますが実は違うものなのです。
どこが違うかというと、それぞれの目的が違います。
会計は「1年間にどれだけ儲かったか」と「今現在の財務状況」の2つを
明らかにすることを目的としています。
一方、税務は「課税が不平等にならないようにする」ことを目的としています。
そのため、会計では費用になるものが、税務では認められないというようなことが
出てくるのです。


このことを踏まえて、私たちが提供するサービスの概要をご説明します。


会計と税務では目的が異なるため、私たちも2つの視点でお客様をサポートします。
会計では、まず、現状を早く正しく認識することを目指します。
その上で、会社がどこに向かっているのか、問題点は何か、
何から取り組んでいくのかを一緒に考えていきます。
一方、税務では、お客様が適用できる制度をもれなく使えるようにします。
そして、あらかじめ税額を試算し将来の資金繰りの手当てを考えます。


次回からは、さらに具体的なサービス内容をお話していきたいと思います。


税務コンサルティング部  奥田 龍史