TOPインフォメーション

2017年10月5日
「石川県次世代ファンド助成事業」公募開始!!

こんにちは。

補助金・助成金フィールドの田村です。

先週末より、石川県次世代ファンド助成事業の公募が開始されました。
事業概要等は下記のとおりです。

———————————————————————
1.対象者:石川県内に主たる事業所を有する中小企業者を対象とします。

2.事業概要
Ⅰ.省力化需要の獲得に向けた新製品及び販路開拓支援事業
省力化・生産性向上のため、人手不足に対応するための
省力化・生産性向上に資する新製品開発、またその改良・販路開拓が対象。
2年間で500万円以内(ただし、補助対象経費の1/2)

Ⅱ.製造工程省力化等支援事業
①一般枠
県内企業の多品種少量生産対応、短納期化、低コスト化など生産工程の
改善を目的とした生産設備を導入する取り組みを対象。
一般枠:7,500千円以内(ただし、補助対象経費の1/2)

②省力化枠
一般枠の要件に加え、ロボット化・自動化等による人手の省力化が図ら
れる取り組みを対象。
省力化枠:8,500千円以内(ただし、補助対象経費の1/2)

Ⅲ.基幹技術未来承継支援事業
自社にとって新たな技術を取り込み、加工分野の拡大を図る取り組み、及び、
機械設備導入とそれに付随する技術修得の双方への取り組みが必要となる事業
が対象
10,000千円以内(ただし、補助対象経費の1/2)
(ただし、機械装置費の上限は8,500千円)

※事業の詳細に関するホームページ↓↓↓
http://www.isico.or.jp/soshiki/gijyutsu

3.公募期間
平成29年9月29日(金)~10月27日(金)16時必着

4.応募方法
申請書、過去2年間の決算書等を、
下記の応募先に持参または郵送により提出してください。
※応募書類、申請公募要領は県のホームページよりダウンロードが可能です。
URL:http://www.pref.ishikawa.lg.jp/syoko/index.html

5.説明会
下記日時に、石川県産業支援機構より、
本事業制度の主旨・概要についての説明会を開催します。
日時:10月5日(木)14時~15時
場所:県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目20番地)
———————————————————————

補助金についてご相談、ご不明点等ございましたら
いつでもお気軽にお電話ください。

0120-39-5233

担当:田村、黒梅

よろしくお願い致します。

補助金・助成金フィールド 田村

2017年10月4日
「起業チャレンジ若者支援事業」募集開始!!

こんにちは、補助金・助成金フィールドの田村です。

先日ご案内させて頂きました
金沢市の「起業チャレンジ若者支援事業」の募集が開始しました!!

対象者の要件等は以下の通りです。

応募期間:平成29年10月2日(月)から平成29年12月1日(金)
対象者 :これから起業する方(平成30年3月31日までに起業)
または事業を営んで1年未満の者(個人・法人どちらも可)で、
平成29年4月1日時点で40歳未満の方
出店業種:小売業、飲食業、理容業、美容業(ただし風俗関連業種等は除く)
出店場所:金沢市が規定する商店街区域
(金沢市商店街連盟へ加入している商店街組織のエリアなど)

金沢市の「起業チャレンジ若者支援事業」についておさらいです。

「起業チャレンジ若者支援事業」とは、
金沢市の商店街で起業する若者をサポートする事業で、
大きく3種類の支援が受けられます。

①奨励金の支給(限度額50万円)

開業前後の運転資金の実費を支給してもらえます。

②家賃の助成(限度額1年目140万円、限度額2年目100万円)

家賃を1年目は月額家賃の2/3、2年目は月額家賃の1/2を助成してもらえます。

③支援アドバイザーの派遣

市が選定した経営支援アドバイザーを無料で派遣してもらえます。
回数は年間最大8回、1回あたり2H程度

お知り合いの方に商店街で起業される若者がいらっしゃいましたら、
是非教えてあげて下さい。

補助金についてご相談、ご不明点等ございましたら
いつでもお気軽にお電話ください。

0120-39-5233

担当:田村、黒梅

よろしくお願い致します。

補助金・助成金フィールド 田村

2017年10月2日
起業チャレンジ若者支援事業

こんにちは、補助金・助成金フィールドの田村です。

今回は金沢市で起業する方に朗報です。

金沢市より「起業チャレンジ若者支援事業」の追加募集が始まりそうです。

「起業チャレンジ若者支援事業」

起業チャレンジ若者支援事業とは、
金沢市の商店街(※1)で起業(法人・個人問わず)する若者(※2)をサポートする事業で、
大きく3種類のの支援が受けられます。

①奨励金の支給(限度額50万円)

開業前後の運転資金の実費を支給してもらえます。

②家賃の助成(限度額1年目140万円、限度額2年目100万円)

家賃を1年目は月額家賃の2/3、2年目は月額家賃の1/2を助成してもらえます。

③支援アドバイザーの派遣

市が選定した経営支援アドバイザーを無料で派遣してもらえます。
回数は年間最大8回、1回あたり2H程度

※1 商店街とは金沢市が規定する商店街区域
※2 起業する若者とは事業を営んで1年未満の40歳未満の方

 

募集がH29.6.2に終わっていたものですが、
金沢市によれば後期分として10月初旬頃に追加募集を予定しているとのこと。

対象者は使わない手はありません。
知っているか知っていないかで資金的にも、
情報的にも大きな差が出そうです。

お知り合いの方に商店街で起業される若者がいらっしゃいましたら、
是非教えてあげて下さい。

補助金についてご相談、ご不明点等ございましたら
いつでもお気軽にお電話ください。

0120-39-5233

担当:田村、黒梅

よろしくお願い致します。

補助金・助成金フィールド 田村

2016年12月28日
小規模事業者持続化補助金のご案内

『小規模事業者持続化補助金』の公募が始まっています!

この補助金は、小規模事業者が商工会・商工会議所の支援を受けて
経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部が
補助されます。

□対象者
常時使用する従業員の数が20人以下の会社及び個人事業主
卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)は従業員の数が
5人以下の事業者

□支援内容
【一般型】
補助率:補助対象経費の2/3以内
補助上限額:50万円、
100万円(賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策)
500万円(複数の事業者が連携した共同事業の場合)

□募集期間
平成28年11月4日(金)~平成29年1月27日(金)

□販路開拓等とは・・・
① パンフレットやチラシの作成
② 広告掲載やホームページ作成
③ 機械を購入し、生産力の向上を図る
④ 新しい商品・製品の開発
⑤ 別事業・新規事業への事業拡大
⑥ 商品パッケージ(包装)の改良  など
新規顧客の獲得や客単価の引上げを図る取組み等も対象になります。

当社では、小規模事業者持続化補助金の応募のお手伝いをさせていただいております。
応募してみたい!詳しい話を聞いてみたい!と思われる方は
お気軽に当社までお問い合わせください。
076-243-5233
担当 黒梅(くろうめ)・金谷(きんや)

補助金・助成金Field 金谷

2016年12月2日
H28年度ものづくり補助金

ものづくり補助金(革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金)
の公募が始まりました。

認知度、人気が非常に高い補助金ではありますが、
概要としては、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・
生産プロセスの改善などに取り組む中小企業様の設備投資を支援する補助金です。

補助率  :2/3
補助上限額:第四次産業革命型 ・・・ 3,000万円
一般型 ・・・・・・・・ 1,000万円(※一定要件を満たせば最大3,000万円)
小規模型 ・・・・・・・・ 500万円(※一定要件を満たせば最大1,500万円)
公募期限 :H29年1月17日(火)[当日消印有効]

他の補助金と比べ対象となる事業者様も多く
補助金額も高額であることから、競争率が非常に高く
最近の採択率は30%前後で推移しております。

当社では補助金の応募支援を数多くさせていただいております。
「応募したいけど事業計画の作り方がわからない・・・」
そんなお悩みをお持ちの事業者様はお気軽にご相談ください。

076-243-5233

担当 黒梅又は金谷まで

皆様よりのお電話お待ちしております!

税務コンサルティング部
補助金・助成金フィールドリーダー 黒梅

2016年10月28日
ものづくり補助金(革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業補助金)

平成28年度補正予算が成立し、
平成28年10月14日にものづくり補助金の事務局に
前回と同様「全国中小企業団体中央会」に決定いたしました。

事務局の決定から約1か月後には、
ものづくり補助金の公募が開始されると思われます。

≪補助金の詳細≫
① 中小企業者等が第四次産業革命に向けて、
IoT・ビッグデータ・AI・ロボットを活用する
革新的ものづくり・商業・サービス開発の支援
(補助上限:3000万円、補助率:2/3)

② 中小企業者等のうち経営力向上に資する
革新的ものづくり・商業・サービス開発の支援
(補助上限:1000万円・500万円、補助率:2/3)
※1 雇用・賃金を増やす計画に基づく取組については、
補助上限を倍増
※2 最低賃金引上げの影響を受ける場合は補助上限を更に1.5倍
(上記1と併せ補助上限は3倍)

当社ではこれまでにも、ものづくり補助金の申請のお手伝いを
させていただいております。
補助金の応募をご検討中の方は、お気軽にお問合せくださいませ。

076-243-5233

担当 黒梅又は金谷

補助金・助成金フィールド 金谷

 

 

2016年09月29日
平成28年度補正予算について

中小企業庁より平成28年度補正予算
「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援事業補助金」
の事前予告が行われております。

つまり平成28年中に
再度「ものづくり補助金」の公募が行われるということです。

募集開始時期は遅くとも10月上旬頃(平成28年度補正予算成立後)となるようです。
募集内容については前回までと大きく変わらないようですが、
補助予定件数は約6千件とされております。

また、同補正予算案によれば
「小規模事業者持続化補助金」も盛り込まれています。

例年補正予算の成立は12月~1月でしたが、
今年度は上記の通り成立時期が早くなっております。
これに伴い補助金の公募時期も例年と異なる(早くなる)形での推移が予想されますので、
当ブログにてタイムリーに情報をお届けできるよう努めます。

補助金についてご相談、ご不明点等ございましたら
いつでもお気軽にお電話ください。

076-243-5233

担当 黒梅又は金谷まで

皆様よりのお電話お待ちしております!

会計コンサルティング部
補助金・助成金フィールドリーダー 黒梅

2016年09月2日
キャリアアップ助成金

「キャリアアップ助成金」とは・・・
有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった
いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、
正社員化、人材育成、処遇改善などの取組を実施した事業主に対して 助成する制度です。

「正社員化コース」「人材育成コース」「処遇改善コース」の
3つのコースがありますが、
今回は「正社員化コース」を ご案内いたします。

「正社員化コース」は、
有期契約労働者等を 正規雇用労働者・多様な正社員等に転換または直接雇用した場合に
助成が受けられます。
① 有期契約労働者 → 正規雇用労働者 : 60万円(45万円)
② 有期契約労働者 → 無期雇用労働者 : 30万円(22.5万円)
③ 無期雇用労働者 → 正規雇用労働者 : 30万円(22.5万円)
④ 有期契約労働者 → 多様な正社員 : 40万円(30万円)
⑤ 無期雇用労働者 → 多様な正社員 : 10万円(7.5万円)
⑥ 多様な正社員 → 正規雇用労働者 : 20万円(15万円)
※1( )内は大企業の額
※2 ①~⑥合わせて1年度1事業所当たり15人まで
※3 多様な正社員とは、勤務地限定正社員、職務限定正社員および短時間正社員ををいいます。

〈助成額の加算〉
○ 派遣労働者を派遣先で正規雇用労働者または多様な正社員として直接雇用した場合
①③:30万円(30万円)/1人 ④⑤:15万円(15万円)/1人
○・母子家庭の母等を転換等した場合
・若者雇用促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合
いずれも①:10万円(10万円)/1人 ②~⑥:5万円(5万円)/1人
○ 勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定した場合
④⑤:1事業所当たり10万円(7.5万円)

助成金の活用には、事前に「キャリアアップ計画書」の提出が 必要になります。
提出期限は「取組実施の前日から起算して1か月までに」 から
「取組実施日までに」に変更となっています。

補助金・助成金につきまして
ご相談・ご不明点等ございましたらお気軽にお問合わせください。
076-243-5233  担当:黒梅・金谷

補助金・助成金フィールド 金谷

 

2016年07月27日
H28年度雇用関係助成金

先日、平成28年7月19日に『今年度の最新助成金セミナー』
を開催させていただきました。

今年で3年目となりますが、
今年度の雇用関係助成金について改変を総ざらいし、
皆様の経営に役立つ助成金を見つけていただこう、という趣旨のセミナーです。

今年度も多数のご参加をいただきまして有難うございました。

今回はその際ご紹介しました助成金の中から『出生時両立支援助成金』
と『介護支援取組助成金』をご紹介致します。

出生時両立支援助成金』は、
男性労働者に育児休業を取得させた場合の助成金です。
支給金額は中小企業様の場合
取組および育休1人目60万円(2人目以降15万円、1年度1人まで)
となっております。

介護支援取組助成金』は、
仕事と介護の両立に関する取り組みを行った場合の助成金です。
支給金額は60万円(1企業様1回のみ)です。

どちらも今年度新たに創設された、労働環境を整える取り組みに対する助成金で、
国の指し示す方向が垣間見えます。

雇用関係助成金は労働環境の他にも、雇用や教育といった場面で活用が可能です。
この様なご計画をお持ちの企業様は、ぜひ一度助成金をチェック頂くことをお勧めします。

また、来年度も改変が出そろうこのタイミングで、同セミナーを開催させていただきます。
ぜひ年に一度の雇用関係助成金の確認の場としてご活用いただければと思います。

補助金・助成金について
ご相談、ご不明点等ございましたらいつでもお気軽にお電話ください。

076-243-5233

担当 黒梅又は金谷まで

皆様よりのお電話お待ちしております!

税務コンサルティング部  補助金・助成金フィールドリーダー 黒梅

2016年06月28日
中小企業等経営強化法

中小企業の「経営力向上」(人材育成、設備投資などによる、生産性の向上)
の支援を目的として『中小企業等経営強化法』が7月よりスタートします。

~支援の流れ~
「経営力向上計画」を策定(申請書は2枚)し、
事業分野ごとの担当省庁から認定を受けます。
①認定された計画に基づき生産性を高めるための
機械及び装置(160万円以上)を取得した場合
、  固定資産税が3年間、1/2に軽減されます。
②計画に基づく事業に必要な資金繰りの支援が受けられます。
(融資・信用保証等)

【固定資産税の軽減措置の要件】
○対象事業者:資本金1億円以下の会社、個人事業主など
○対象設備:機械及び装置(新品)のみ
○設備要件:160万円以上、生産性1%向上、販売開始から10年以内のもの
○対象期間:法律の施行日から平成31年3月31日までに取得した機械装置

初めての固定資産税での設備投資減税です。
赤字企業にも減税効果が期待できます。

機械装置等を新たに購入予定のある中小企業様は要検討です。
詳しい内容等は、お気軽にお問合せください。

076-243-5233 黒梅又は金谷まで

補助金・助成金フィールド 金谷

 

1 2 3 4