TOPインフォメーション

2012年01月30日
事業承継(5)「生前贈与は工夫しよう 2」

前回では、生前贈与の上手な方法として、①贈与する人を増やす、②1人に集中しない、③複数年に分ける
の3つをお話しました。
今回は少し応用編ということで、更にお話を進めていきたいと思います。



④適度に贈与税を納めよう
 「何をトンチンカンなことを…。」
 と言われそうですが、相続税が間違いなくかかる、という方であれば贈与税を支払ってでも贈与した方が
 多くの財産を短期間で次世代に移すことができます。
 
 例えば、資産総額1.5億円、相続人子2人の場合、子2人にかかる相続税は1200万円かかります。
 実効税率(もらった財産に占める税金の割合)は8%です。


 (ア)10年間2人の子供に100万円ずつ贈与した場合


 (イ)10年間2人の子供に200万円ずつ贈与した場合


 さて、どちらが有利でしょうか。



 (ア)の場合
  贈与税 : 年間110万円以下の贈与なので贈与税はかかりません。
  相続税 : 100万円×10年間×2人=2000万円財産が減少するので遺産総額は1.3億円。
        相続税は800万円。
  合計  : 800万円(△400万円)


 (イ)の場合
  贈与税 : 年間200万円贈与すると贈与税は9万円(実効税率は4.5%)
        年間贈与税9万円×2人×10年=180万円。
  相続税 : 200万円×10年間×2人=4000万円財産が減少するので遺産総額は1.1億円。
        相続税は500万円。
  合計  : 680万円(△520万円)
  
  結果、(イ)の場合の方が、贈与税・相続税トータルで考慮すると少なくて済みます。
  これは、相続税の実効税率より低い税率の範囲で贈与を行ったことによる効果であり、
  財産規模が大きくなるほど、節税効果も大きくなります。


  贈与税は相続税に比べて税率が高いイメージがありますが、予想される相続税の実効税率が
  分かれば、より有利に贈与を進めることができます。
  その為にも一度おおまかに所有財産を計算し、どれくらいの相続税の実効税率なのか検証してみましょう!



税務コンサルティング部 資産税課 森本

2012年01月26日
確定申告のご案内(2)

確定申告プロジェクトチームでは、昨年の11月より、あれこれと準備を進めてきました。


今年のテーマは、『シンプル・パスを創ろう!』です。


ん?シンプル・パスって?意味がわからない?


そう、わからなくても仕方ありません。
実はこれ、プロジェクトで考えた造語ですから。


話はプロジェクト発足の日にさかのぼります。
メンバーそれぞれに、今年の確定申告にかける想いを一言で表してもらうと
こんな感じになりました。


竹田:「スピード!」(スピード最優先)
金谷:「Reborn」(大きく変えよう)
藤村:「ルールはシンプルに!少なめに!」
奥田:「ナイス・パス!」(みんなとうまく連携しよう)


出てきた想いは各自いろいろでした。
ホワイトボードに並んだ文字を見てリーダーの奥田は悩みました。
うーん、どれにしよう.どれも大事なことだし...。


しばし瞑想していた奥田の頭に閃きました。
よし!どれかを選ぶのではなく、「かけ算」で行こう!


そうやって奥田の直感から生まれたのが、
この『シンプル・パスを創ろう!』というテーマなのです。


日本語に翻訳(?)すると、
『関係する人達と合理的(シンプル)に連携(パス)できる仕組みを創ろう!』
といったところでしょうか。


前回ご案内の通り、先週1月16日から確定申告業務がスタートしました。
次回のインフォーメーションからは、今年の取組みを順次紹介させて頂きます。


さてさて、お客様に向けてどんなシンプル・パスが繰り出されるでしょうか?



確定申告プロジェクトチーム 竹田


 



 

2012年01月25日
1月28日 エフエム石川に出演します!

各界成長企業の代表者が出演し、人生のターニング・ポイントを語り、これからの夢を語り、それらに関わる楽曲を語る。
毎週土曜午前9時から15分間届けられているエフエム石川の人気番組 “Dream Climber(ドリーム・クライマー=「夢追い人」という意味)”に、税理士として中山雅人が出演いたします。


先日終えた収録の様子を、中山会計ウェブサイトご来訪の方だけに、ちょっとだけ早めにご披露しちゃいます。


エフエム石川のスタジオは、2009年に開始の「M-Culture」が終了した2年前の3月以来。
当時は木村雅幸キャスターとの掛け合いでしたが、今回は女性キャスターの松岡理恵さんにお相手をしていただきました。
写真の通り噂にたがわぬ綺麗な方。


「は~い!お久しぶりでーす!タックスマンの登場で~す!!」
ツカミで以前のキャラ復活。
松岡さんから「今日は素の中山さんでお願いします」とツッコミが入り、失礼しました、とばかりにテーマに沿って話していきます。


◇人生のターニング・ポイント◇
子供の頃から音楽に親しみ、中学時代からバンドを編成。
大学4年時に悩み、ミュージシャンを目指すことを決意。
帰省し、税理士である父に直訴。
「ごめん、親父。おれ、税理士にはならん!音楽の道で生きていく!」
怒り震えると思っていた父は-
「そうか。オトコがいちどそう決めたんなら、とことんやれ!」
「オヤジ、ごめん。ありがとう!」
しかし、帰りの夜行列車の中で思い直す。
「ああいってくれるオヤジの思いは・・・夢は・・・?」
帰京して、税理士を目指すことを決意する。


◇夢◇
東京進出。
情報も早く洗練されている東京に支店を持つ。これは今後3年の間に。
特色を持ったサービスで大きなマーケットに打って出て、会社として成長する。
そこで得た情報と切磋琢磨した経験とを石川に還元し、地場でお客様を積極サポートする。
社内の若手が大都市という大海原で活躍できるルートを作る。


トークの後はいよいよ曲の紹介です。


“Taxi”(1983)
60年代サザン・ソウル復古の象徴となる80年代の名曲です。オリジナルは昨年末惜しくも他界したJ. Blackfootによるものですが、ここではなんと私が所属するバンド”Nagataism”の演奏をご紹介しました。


久しぶりのエフエム出演でしたが、和気藹々とした雰囲気でスムーズに進行するなか、収録が完了しました。
松岡さんから「いいカンジでした!」と声を掛けられ、ホッとしました。が、実は当日風邪をひいて声がガラガラ。
お聞き苦しいかとは思いますが、是非チェックをお願いします!


放送日時:平成24年1月28日土曜日午前9時より
再放送:同29日日曜深夜24時より
いずれも放送時間は15分。
松岡理恵さん:ブログ 松岡ワールドhttp://onair-blog.jp/hellofive-rie/entry/193658.html

2012年01月20日
事業承継(4)「生前贈与は工夫しよう 1」

相続税節税の王道と言えば、やはり生前贈与です。
事業承継第2回でもお話したように、「長期的」かつ「継続的」な生前贈与は相続税の節税に効果があります。


多くの資産家の方、経営者の方は、生前贈与による節税を図るため、毎年贈与税のかからない110万円以下で奥さんや子供に贈与しています。
しかし、上手に贈与すればもっと節税効果を生むことができるのです。その方法を以下お話していきましょう。


①贈与する人を増やす
 生前贈与は奥さんや子供以外にしてもよいのでしょうか?
 勿論いいんです!
 何も贈与相手が相続人に限られている訳ではありません。子供のお嫁さんでも、お孫さんでも生前贈与は認められます。
 贈与相手が増えれば、その分贈与できる金額も増えるため、より節税を図れます。


 また、相続人以外への贈与はもう一つの効果があります。
 それは、生前贈与加算の対象外になるということです。
 生前贈与加算とは、相続又は遺贈により財産を取得した人が、相続開始前3年以内に受けた贈与財産は相続財産に加算して
 相続税を計算するしくみのことです。相続人への相続直前の贈与が節税にあまり役立たないのはこのしくみのためです。
 しかし、子供のお嫁さんやお孫さんは通常相続人ではないため、遺言や養子縁組でもない限り、相続により財産を相続しません。
 よって、子供のお嫁さんやお孫さんには生前贈与加算は適用されないケースが多いのです。


②1人に集中しない
 長男に500万円贈与したい場合、贈与税は通常53万円かかります。
 【算式】(500万円-110万円)×20%-25万円=53万円
 しかし、長男とそのお嫁さんに250万円ずつ贈与すれば各々14万円ずつで合計28万円で済みます。
 【算式】{(250万円-110万円)×10%}×2人=28万円 
  
③複数年に分ける
 贈与税は暦年で課税されるため、通常1月1日から12月31日までの贈与金額に対して課税されます。
 例えば、年末に500万円一度に贈与すれば、やはり贈与税は53万円かかります。
 しかし、年末と翌年始めに分けて250万円ずつ贈与すれば、1年あたりの贈与税は14万円で済み、
 2年分でも28万円で済みます。


このように、贈与の方法を少し工夫することで税金を安くすることができます。
次回も生前贈与の上手な方法についてお話していくことにしましょう。



税務コンサルティング部 資産税課 森本

2012年01月18日
資金計画(2)「資金繰りの重要性」

利益を上げることを最重要課題として、日々経営を行っている経営者の方は多いでしょう。


利益を上げるということは


1.売上を上げる 2.経費を削減する 


のいずれか1つ(どちらも出来ればベストです)を実践することです。
売上を上げる為に、全力を注ぐ会社も多いかと思いますが
大きく売上が増えるときには、注意が必要です。
売上を上げ、資金を得るには 通常 原価や資産(仕入や設備投資など)となる支払が
先に必要になります。
売上の確約を貰い、この売上に係る大きな支払を終え、仕事を完了させたとしても
資金を得るのに時間が掛かれば、当然その期間は資金不足になる危険が増えます。


このように、利益を出しても資金不足に陥りついには倒産に至ることを
「黒字倒産」といいます。



一方で、利益が出なくとも資金をうまく回しているのなら
企業は赤字であろうと倒産はしません。
つまり、「資金繰り」は会社の存続に最も重要な仕事の一つだと言えるのです。


また、利益は社員全員が一丸となって目指していけますが、
「資金繰り」は経営に携わる者にしか出来ません。


当社では、お客様が、より確実に また、より安全に経営をして頂けるよう
「資金繰り」の支援にも、力を入れております。


次回は、より詳しく 「資金繰り」についてご説明いたします。


税務コンサルティング部 小松

2012年01月16日
会社訪問受付のお知らせ

平成25年3月卒業見込の方を対象に会社訪問を受付いたします。
随時受付けしておりますので、下記の方法でお申込み下さい。
就職活動についてのお悩み相談、また中山会計の魅力を知って
いただく機会として、ぜひ積極的にご参加下さい。


【申込方法】参加希望日を次のいずれかの方法でお知らせ願います。
       ① 当社ホームページのお問合せフォーム
       ② フリーダイヤル 0120-39-5233
      こちらで日程を調整して、訪問日をお知らせ致します。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。



経営管理部総務課 高橋

2012年01月13日
確定申告のご案内

本年も個人の確定申告の時期が近づいて参りました。


当社では、お客様により良いサービスを提供できるように、
毎年「確定申告プロジェクトチーム」を組成しまして、
業務の質の向上に努めております。


今回のプロジェクトメンバーは、
奥田、竹田、金谷、藤村です。
よろしくお願いいたします。


本年は、このインフォメーションを使いまして、
週に一度、当社の取り組み等をご紹介させて頂きます。



さて、第1回目の今回は確定申告業務開始のご案内です。


当社は、1月16日(月)より資料のお預かりを開始いたします。
申告期限間際のお預かりは大変込み合いますので、
お早目にお申込みくださいませ。


それでは、3月15日までの間、よろしくお願いいたします。



確定申告プロジェクトチーム 藤村

2012年01月12日
税務会計5「決算に向かっての策、決算を終えての策 ~決算予測、決算報告会~」

今回は決算前後のサービスについてご紹介します。


決算前のサービスは「決算予測」です。
利益はどのくらいになるか、
資金はどの程度あるか、
税金はいくらになるか。
決算日の3ヵ月程前から決算の着地点を予測します。


あらかじめ着地点を把握することで、
自分のありたい姿とのギャップを理解できます。
ギャップを理解したら、残された期間で打てる策を
検討していきます。
何もしない場合と比較して明らかに違った姿になれます。


決算後のサービスは「決算報告会」です。
決算書をもとに、過去の自分、目標としていた自分、
同業他社との比較等により現状を正確に把握します。


その上で、次の一年において何に取り組み、
どういう成果を出すかを考え新しい目標を決めます。
目標を掲げることの大切さはよくご存知のことと思います。



決算は一年の締めくくりとして大切であり、
また、始まりとしても非常に大切です。


この節目で現在の自分を振り返り、
将来の自分に向かっていきましょう!



税務コンサルティング部
サブマネージャー
奥田 龍史

2012年01月10日
税務会計4「税務調査があってもご安心ください!」

税務調査とは、税務署員が会社に訪問し、
正しい申告が行われているかを
帳簿等により確認することを言います。


税務調査があったとしても、
日頃から適正な処理をしていれば何ら問題はありません。
調査を受けた結果「適正な申告でした」ということも
もちろんあります。


税務調査の流れは次のようなものです。
・税務署から訪問依頼があります。
・事前にお客様と当社で必要資料、税務調査の流れなどの
 確認をします。
・当日、調査を行います。(当社税理士が立ち会います)
 2~3日間が一般的です。
・後日、必要に応じて税務署と折衝し結論を出します。
これで調査は終了です。


税務調査は誰でも不安になりますがご安心ください。
当社では、経験豊富なスタッフ・税務署OBであるスタッフが
サポートさせて頂きます。



税務コンサルティング部
サブマネージャー
奥田 龍史