TOPインフォメーション

2012年02月10日
事業再生(5)「事業再生の流れ ~(4)平時への回帰~」


これまでお話しした通り、事業再生は以下のような流れで進みます。


①状況分析 → ②緊急時対応 → ③事業再建 → ④平時への回帰


前回は「③事業再建」についてお話しさせていただきましたので、今回は「④平時への回帰」についてお話しします。



1.事業計画の実行(事業と業務の流れの見直し)


前回の「事業計画の作成」でもお話しした通り、事業再建のための事業計画を実行するにあたっては、その企業の中核となる事業(コア事業)を見直し、そこに経営資源(ヒト・モノ・カネ)を集中することにより、企業を利益の出せる体質に変える必要があります。


ここで重要なのは、従来の経営ではうまくいかなかった(事実上破たんした)ことが明らかであるため、従来のやり方に固執せず、いったん原点に立ち返って、これまでとは違ったやり方を考えて実行していくことです。


また、それに伴い、販売管理や生産管理、人材管理などの業務の流れ(業務プロセス)を一から見直すことも必要になってきます。
場合によっては、専門家からアドバイスを受けることも必要になってきます。



2.合理化の実行


一般的に、再建中の企業は事業計画の実行を継続しながら、企業の運営を順次通常の体制に戻していきます。
この際に再建中の中小企業にとって大切なのが合理化の実行です。


合理化では固定費の削減が最大の目標になります。
固定費とは、売上の変動に関係なく発生する費用を言います。


たとえば、稼働率の低い設備の維持費用や売上に貢献しないホームページ運営費用など、各費用項目に優先度を付けて、優先度が低いと判断した項目は思い切ってカットする必要があります。



合理化の実行にあたっては以下の点がポイントになります。


①資金の準備
人員の整理による退職金の支払いなど、資金の準備が必要になる場合があります。


②妥協しない
利益を生まないものを全て切り捨てる覚悟が必要です。
たとえば、「従業員が反対したから」などの理由で妥協した場合は、再建の遅れにつながり、再度破綻の危機に陥る可能性が高まります。


③一気に行うこと
一切の妥協を排して一気呵成に行うことが大切です。
早期着手により速やかに成果を上げることが重要です。



以上、5回にわたって「事業再生」についてお話してきました。
専門的な言葉も多くて、内容が伝わりにくかったかもしれません。ご容赦下さい。



税務コンサルティング部 竹田