TOPインフォメーション

2013年07月8日
おすすめ書籍 Vol.15

~『お金に好かれる人・嫌われる人』 和仁達也著~

税務コンサルティング部の藤村です。

私のおすすめ書籍は、「お金(マネー)に好かれる人・嫌われる人」です。

皆さんはお金(マネー)に好かれる(=お金持ち)になりたいですか?

お金(マネー)に好かれる人と嫌われる人は目のつけ所が違うそうです。
お金持ちと目のつけ所を同じに変えることで、
お金(マネー)に好かれる(=お金持ち)になるそうです。

具体的には、
①お金(マネー)の流れを「見える化」している
②「10年単位」で考えている
③「お金(マネー)が残る」ところまでを考えている
この3つを実践することが、お金(マネー)を次々と引き寄せるコツなのだそうです。

お金(マネー)の使い方が上手い人は、ある意味お金(マネー)を多面的な
角度から見られる人ではないかとこの本を読んで思いました。
単にお金(マネー)の話題としてだけでなく、
いろいろなビジネスの物事を多面的にみられる
アイディアをこの本から得ることが出来ました。

また、簡単な言葉で上手く表現していると思った言葉がありましたのでご紹介します。
□ 1ブック1アクション(1冊の本の中から、1つだけ具体的な行動を実行する)
□ 1アクション3ゴール(1つの行動に3つ以上のゴールを設定し習慣にする)
この2つは自分の生活に取り入れて見ようと思います。

この書籍は「気づきを行動に変えることが出来る本」だと思います。
お金(マネー)の意味と行動を見直す良いきっかけとなった1冊でした。

税務コンサルティング部 藤村