TOPインフォメーション

2014年02月10日
確定申告のご案内 Vol. 11 「生命保険料控除・配偶者控除・扶養控除」

皆様、申告の準備は進んでいますか?
申告では、きちんと控除する部分は控除して正しい税金を納めたいですよね。

今回は、①生命保険料控除 ②配偶者控除 ③扶養控除 についてご紹介いたします。

 

①生命保険料控除

【対象となる方】
平成25年度中に生命保険料や介護医療保険料又は個人年金保険料のいずれかを支払った方。

【控除額】
年間の支払保険料によります。(最高控除額12万円)

生命保険料控除を受ける際には、
保険会社から郵送される「生命保険料控除証明書」が必要です。
大切に保管しておいてくださいね。

 

②配偶者(特別)控除

【対象となる方】
妻や夫(配偶者)の収入が103万円以下の方。

【控除額】
一般の控除対象配偶者(38万円)
老人控除対象配偶者(48万円)※平成25年12月31日現在の年齢が70歳以上の方

また、配偶者に103万円を超える収入がある場合でも、
金額に応じて控除が受けられる配偶者特別控除という制度もあります。
(配偶者の年間の合計収入金額が103万円超141万円未満の場合)

 

③扶養控除

【対象となる方】
配偶者以外に扶養している親族がいる方。

【控除額】
一般の控除対象扶養親族(38万円)
※平成25年12月31日現在の年齢が16歳以上の方。
ただし扶養親族の年齢によって控除額が変わります。

 

この機会に自分がどんな控除を受けられるのか確認して、確定申告に備えましょう。

ご不明な点等ございましたら、
フリーダイヤル 0120-39-5233 までお気軽にお問い合わせください。

経営企画部総務課 高橋