TOPインフォメーション

2014年09月26日
新設法人フィールドVol.21「発起人、役員を決めよう」

こんにちは、法人設立フィールドです。
本日は、法人を作る際に必要な発起人役員についてご説明します。

まず、発起人とは「法人の設立」について責任を負う方のことです。
具体的には、設立へ向けて、定款を作成したり、
株式を発行して資本金を集めます。
発起人は設立する法人の株主でなければいけません。
一般的には社長になる方が「発起人」となります。

次に、役員についてご説明します。
役員は法人設立後に、法人が行う業務などについて責任を負う方です。
近年、最高経営責任者(CEO)や最高執行責任者(COO)などの
言葉を聞く事が増えてきました。
しかし、会社法に規定されている役員とは
「取締役」・「監査役」・「会計参与」などです。
1人で法人設立する際には「取締役」を決定するだけで良いので、
中小企業ではその方が「代表取締役」となります。

法人設立する場合、発起人及び取締役の選定は
株主構成などを考えて決めておかなければ
法人設立後にトラブルとなることが多いようです。
1人で設立する時も、複数人で設立する時も、
後々のリスクを回避するためにも
一度専門家にご相談してみてはどうでしょうか。
ご相談お待ち致しております。

新設法人フィールド  後山 泰毅

2014年09月25日
便利文房具を紹介します!9月号

こんにちは。税務コンサルティング部の高井です。

今回は、とても可愛くて便利なテープを紹介します。

zitte 「サンスター文具 300円(税抜)」

DSC_0270

一見するとただの可愛いテープにしか見えませんが、
実はテープの真ん中にミシン目が入っていて、
封筒に貼り、ミシン目をめくるだけで、簡単に封を開けることが 出来ます。

DSC_0271

テープごとめくれて汚くなったり、
ハサミを出して 開けるなどのわずらわしさがなくなりますよ。

皆様も、可愛く便利なテープを使って大切な人に 手紙を送りませんか?

税務コンサルティング部 高井

2014年09月22日
N-1グランプリ2014開催!

N-1グランプリ2014が開催されました。
N-1グランプリとは、年間を通して優れた功績をあげた
職員に対して贈られる昨年新たに設けられた個人表彰制度です。
表彰することで、職員の模範とするとともに、
今後の業務の励みや組織の活性化に繋げることを目的としております。

受賞者は次のとおりです。
Excellent Prize :補助金フィールド(黒梅琢也、金谷真紀)、
WEBフィールド(浅田章大、片山麻里子)
Superior Prize :医療フィールド(中島博之)、小嶋純一、浅田章大
Best Performance Prize :小嶋純一
Best Presentation Prize :医療フィールド(中島博之)

受賞者の方々には、それぞれ受賞プレゼンテーションをしていただき、
去年に増して大いに盛り上がりました。

IMG_0729

総務課 鍛治

2014年09月19日
新設法人フィールドVol.20「法人設立をしよう④法人の名前を考えよう」

おはようございます。

法人設立フィールドです。

本日は法人の名前を考えていく上での留意点を学びます。

まず法人名に使用可能な文字は下記の通りです。
・漢字
・ひらがな
・カタカナ
・アルファベット(大、小文字)
・アラビア数字(0~9)
・符号(「&」「`」「、」「-」「.」「・」)
・スペース(アルファベットの単語を区切る場合にのみ使用可能)

株式会社設立の場合は、これらの文字に「株式会社」を
前(株式会社○○)か後(○○株式会社)につけて法人名を完成させます。

法人の名前でよく見られるのは、
創業者の名前を入れたり (佐藤○○、田中○○、中山○○)、
業種を入れたり (○○電機、○○建設、○○会計)、
地域を入れたり (金沢○○、白山○○、東京○○)、
と「わかりやすさ」を重視したものです。

中山会計写真

法人の名前は代表者様だけではなく、
その企業に携わる皆様、例えばお客様、取引先、地元住民、従業員、その家族等々、
今後大勢の方々が末永く使うことになる大事なモノです。
いつまでも存続することを願って、
経営理念と同様に、しっかり考えたいものです。

 

新設法人フィールド 田村誠司

 

2014年09月18日
インターンシップを実施しました

今年のインターンシップは9月8日からの2日間、
8名の学生をお迎えして実施いたしました。
学生の皆さんは、会計事務所の業務について学ぼうと真剣そのものでした。
また、職員の仕事に対する姿勢や事務所の雰囲気を肌で感じ、
業務以外の事も学んでいただけたようです。

IMG_2069

IMG_2066

IMG_2067

このインターンシップで学んだ事感じた事を、
今後の学生生活に活かしていただけると嬉しいです。

インターン

経営管理部総務課 高橋

2014年09月12日
新設法人フィールドVol.19特別回「所得拡大促進税制」

おはようございます。

法人設立フィールドです。

本日は「法人設立をしよう」シリーズとは別に、
新設法人にメリットのある所得拡大促進税制についてお話します。

所得拡大促進税制とは、
名前の通り、国民の所得を拡大することを促す国の政策の一つで、
法人が雇用者に対して支払う給与を増額し「一定の要件」を満たせば、
給与等支給額の増加額の10%を法人税から税額控除することとができます。
(法人税の10%を上限、ただし中小企業者の場合20%を上限)
適用対象期間は平成25年4月1日から平成30年3月31日までの間に開始する事業年度です。

新設法人においては、
1円でも給与等の支払いがあれば、
上記の「一定の要件」を満たすことになります。

この場合の給与等増加額は30%と規定されていますので、
従業員に1年目300万円の給与を支払う場合は、
300万円×30%=90万円を増額したとみなされ、
90万円×10%=9万円の税額控除をすることができます。

500万円ですと15万円、1,000万円ですと30万円を
控除することができます。

つまり、新設法人であれば従業員の給与支給額の3%
法人税から控除できるということです。
(法人税の10%を上限、ただし中小企業者の場合20%を上限)

従業員を雇用する予定で法人設立を考えている方は、
是非ご活用くださいませ。

以上、所得拡大促進税制のお知らせでした。

新設法人フィールド 田村誠司

 

2014年09月11日
黒字十三条「オープンな姿勢」

巻物13

こんにちは。 企業再生フィールドの奥田です。

黒字百箇条の第十三条は「オープンな姿勢」です。

物事をオープンにすることは勇気のいることです。

なぜなら、自分以外の人に生の情報が伝わり、
いろいろな意見をもらうことになるからです。

もちろん、自分の意に反する意見もあるはずで、
感情的になることもあると思います。

黒字の会社様はここを乗り越えているように感じます。

むしろ、いろいろな意見をもらうことが当たり前で、
その意見によって、らの行動を見直しています。

・目標に対する進捗実績を社内に開示し、
その事実に対する社内意見を共有し、
改善方法も共有している。

・取引銀行に毎月試算表を提出し、
外部の目を入れている。

・これから行おうとすることを表明してから実行している。

どれも勇気のいることですが、
そこを乗り越えることが、
黒字経営への近道のように思います。

黒字13

黒字百箇条の第十三条は「オープンな姿勢」でした。

企業再生フィールド 奥田

2014年09月9日
黒字第十二条「みな家族」

巻物12

黒字百箇条の第十二条は「みな家族」です。

黒字の会社様を訪問すると、
まるで家族のような扱いを受けることがあります。

例えば、

「気温の差が激しいけど体調、大丈夫?」

「昼ご飯、一緒に食べる?」

「気をつけて帰ってください!」

という感じでお声掛けいただくことがあります。

私たちの立場からすると、
お客様からこのようにお気遣いいただくのは、
大変、恐縮なことなのですが、

当のお客様からすると、 ごくごく自然の言動の様子です。

おそらく全ての関係者に対して、
同じように接していらっしゃるのだと思います。

このような応対をどう感じますか?

このような会社様が困っていたらお手伝いしたくなりませんか?

黒字の会社様は多くの支援者がいると聞きますが、
支援者が集まるべくして、集まっているのかもしれません。
まるで、みな家族のように。

黒字12

黒字百箇条の第十二条は「みな家族」でした。

企業再生フィールド 奥田

2014年09月8日
提携先:歯科医院向けセミナー『歯科医院の事業承継の現状と後継者の探し方』

開業若手医師と後継医師に悩まれる歯科医院の皆様へ
弊社提携先セミナーのご案内です。

新規開業をお考えの歯科医師の皆様
後継者に悩まれるベテラン医師の皆様
是非参加される事をお勧めします。
会場に行けない場合は、WEBでも視聴できる無料セミナーです。

【日程】
9/17(水) 大阪会場(梅田阪急ビルオフィスタワー23階)
9/18(木) 福岡会場(ANAクラウンプラザホテル福岡 2階コーラル)
9/24(水) 名古屋会場(名鉄グランドホテル 11階桂の間)
9/25(木) 東京海上(丸の内トラストタワー本館4階)
WEB視聴についても申し込みが必要です。

【申込み】
セミナー案内のホームページ(http://www.nihon-ma.net/)の
セミナー申込みより ID:e1255を入力し
「eから始まる方のみ左をチェック」にチェックを入れてください。

必要事項を入力すれば完了となります。

セミナーの申し込み等、わからない点がありましたら
弊社フリーダイヤル、又はお問い合わせフォームにて担当中島まで
お問い合わせください。
弊社でお申込みの代行も承っております。

税務コンサルティング部 医療フィールドリーダー 中島

2014年09月5日
新設法人フィールドVol.18「設立にはいくらかかる?」

おはようございます。

法人設立フィールドです。

本日は「法人の設立にはいくらかかるか」を確認していきます。

まず「法人の設立」とは 「法務局にてその法人が登記される」ことを指します。
法人の設立を国(法務局)にお知らせし、認証(登記)してもらうのです。

この登記を自分でする場合と専門家の司法書士にお願いしてする場合の
比較表を作成しましたのでご覧ください。

0905ブログ写真

登録免許税や公証役場手数料等は自分でする場合も
司法書士にお願いする場合も必要な費用です。

また定款の印紙税は紙媒体で行うか、
電子媒体で行うかで異なります。

比較表の中で金額が一番低いのは、
自分で電子媒体で行う場合で、 約210,000円で行うことができます。

ただし、この場合には 電子媒体にするための機器が別途必要ですし、
定款を自分で作成しなければなりません。
時間にして約80時間必要と言われています。

定款は会社の大事な事項を記載するものなので、
定款作成に不備があると後々困ることにもなりかねません。
設立時には、煩わしい事務処理よりも営業等の本業に力を入れて頂きたいので
当社は、専門家である司法書士にお願いすることをお勧めしております。

その場合は約250,000円~役300,000円ほどの法人設立費用が必要になります。
当社では、金額面や設立の急ぎ具合に応じて司法書士をご紹介しております。
法人設立を考えていらっしゃる方は是非ご相談ください。

電話番号はフリーダイヤル0120-39-5233です。
本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

新設法人フィールド 田村誠司