TOPインフォメーション

2015年08月31日
企業内人材育成推進助成金

今回は雇用関係助成金の中から『企業内人材育成推進助成金』をご紹介します

対 象:人材育成制度を導入し取り組む企業様

助成額:制度導入助成額   10万円~50万円
実施・育成助成額 2.5万円~15万円(一人あたり)
企業様はジョブカードを活用した教育訓練制度・能力評価制度を
規定し導入 することで、この助成金が受給できます。

さらに教育・訓練制度を整えた企業様が、
実際にその制度に沿い従業員様を教育・訓練されれる場面では
別の助成金(キャリア形成促進助成金)の受給チャンスも出てきます。

この様に、今年度の雇用関係助成金は、企業様による
人材育成』や『教育・訓練』に対して手厚くなっております。

全ての企業様にとって人材は『人財』。
従業員様一人ひとりのスキルアップが、
企業様の成長にとって重要であることは言うまでもありません。

従業員様の継続的なスキルアップのため、教育制度を整えたい!
とお考えの企業様には、ぜひご活用いただきたい助成金です。

 

税務コンサルティング部 補助金・助成金フィールド  黒梅

2015年08月26日
本を紹介します!8月号

こんにちは。税務コンサルティング部の高井です。

日頃、パソコンやスマートフォンなどで、目を酷使して
なかなか疲れが取れない人も多いのではないでしょうか。

今回紹介する本は、

「目は1分でよくなる!」 今野清志著 自由国民社

本8月

この本では、目が悪くなる主な原因の一つに酸素不足があると
言っています。

目の周りの血流をよくし、酸素を与えて視力回復になる方法を
7つ掲載してありますので、その1部を紹介します。

※タッピング法

1.眉間からこめかみに向かい、眉毛の上に沿って5回タッピング。
2.目の1センチ下を目頭から目尻に向かい、5回タッピング。
3.こめかみから頭頂に向かって5回タッピング。

著者は最後に、

目だけでなく、大切に扱えば体はきちんと応えてくれます。
「よくしよう」という体に任せっぱなしにせず、生活を見直し
メンテナンスをして健康に毎日を過ごしましょう。

と締めくくっています。

皆様も参考にしていただいて、健やかな毎日をお過ごしください。

税務コンサルティング部 高井

 

2015年08月25日
第32回「今週の気づき・学び」

こんにちは、税務コンサルティング部の石村です。
第32回の「ベスト気づき・学び」をご紹介いたします。

ウェルカム研修」についての気づき・学びです。
弊社では、入社時社内において「ウェルカム研修」という研修を行っております。
私自身、昨年の春入社した際には、1週間にわたって先輩方に研修していただきました。

研修内容は、社内ルールやシステム等基本を教えていただくことをスタートとし、
先輩方お一人おひとりが、教科書のような研修資料をもとに、
学校の先生のように90分1コマで講義してくださるというものでした。
先輩方は、新社会人として入社した私に対して「社会人とは」「仕事とは」
仕事をするうえで根幹となる部分を丁寧に教えてくださいました。

そして、今回は「ウェルカム研修」を担当させていただく機会がありました。
その際、入社以来ずっとねむっていた研修資料を見直して、
入社当時教えていただいた基本的なことが、
忘れがちになっていたことに気づかされました。

最近読んだ本に、“物事は、すべて基本を大切にしている。基本を身につけなければ、
いくら上辺のテクニックを磨いたところで、能力はなかなか向上しない”とありました。
この機会に、大切に保管し続けていた研修資料をすみずみまで読み込んで、
しっかり見直しを行い、再出発の気持ちで行動していきたいと思います。

税務コンサルティング部 石村

2015年08月24日
第31回「ベスト気づき・学び」

こんにちは、税務コンサルティング部の中島です。
第31回「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

経営者様が事業を進める上で何を提供できるのかは 決算状況など、
時と場合によって変わってくると考えています。
銀行から借入をする、後継者に株を譲る、事業そのものを譲る
様々なチャンス、ピンチに適切なアドバイスが出来るように
担当者も準備し提案しなくてはいけません

ただし、一番忘れてはいけないものは経営者様の気持ちであり
必ずしも事業が大きくなり売り上げが増加し利益も上がることが
目標や目的でない場合があると思います。
今何を考え本当のゴールは何なのかをパートナーとして共有し
事業のアドバイスだけでなく経営者様個人のゴールへのお手伝い
できる担当者が求められるのではないでしょうか

それは結構身近な目の前で起こっている簡単な税金相談なのかもしれ ないし、
まったく税金と関係ない話であっていいと思います。
経営者様が事業を進める上で何を提供してほしいかは経営者様のみが 知る事と考え、
勝手に決めずに素直に向き合う気持ちを大切にしていきたい と気づきました。

税務コンサルティング部 中島

2015年08月3日
第30回「今週の気づき・学び」

こんにちは、税務コンサルティング部の小松です。
第30回の「ベスト気づき・学び」をご紹介致します。

先日、健康診断へ行かせて頂きました。
今回の場所は昨年までとは違い、いつ名前を呼ばれるのか全く分からず
直ぐに呼ばれる時もあれば、長時間待たされる時もありました。

昨年までの場所は順番に並ぶ方法でしたので、後どれだけで
自分の番なのかを容易に把握できました。
しかし今回の場所は呼ばれた時に居なければ迷惑を掛けてしまう
と思いトイレに行くタイミングも難しいと感じました。

私も直ぐに答えることが出来ない質問を受けた場合
「確認をして折り返します」とだけ伝え、お客様を待たせてしまう事があります。
その間お客様には色々な制限をさせてしまっていたのでは?
これからは待たせてしまうのならば、時間をお伝えしたうえで
待って頂こうと反省致しました。

私達は『相談しやすさNo.1』であり続ける為の一つに
親身』になる事が大事だと教わっています。
待たせる側(私)の都合ではなく 待つ側(相手)の都合を
しっかりと考えられるようになっていこうと思います。

税務コンサルティング部 小松