TOPインフォメーション

2017年03月30日
黒字第九十三条「お客様は神様じゃない」

巻物93

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第93条は「お客様は神様じゃない」です。

「お客様は神様です!」
お馴染みのこのフレーズを誤って理解していませんか?
お客様の会社の経営会議などに参加させていただいていると
そう感じることがあります。

本来の意味は
「あたかも神前で祈るときのように雑念を払って澄みきった心で完璧な芸をお見せする」
(三波春夫オフィシャルサイトより)
ということです。
決して、お客様は「神様のように偉い」という意味ではなく
お客様と「神様と向かい合う時のように綺麗な心で向かい合う」
という意味です。

売上を伸ばし、事業を成長させていくには
「お客様は神様のように偉い」という考えから離れることです。

お客様には、「お付き合いしたいお客様」と「そうでないお客様」がいると仮定して
考えてみましょう。

みなさんにとって「お付き合いしたいお客様」とは?
みなさんいとって「そうでないお客様」とは?

一度、会社全員でそれを定義してみましょう。

「お付き合いしたいお客様」と誠心誠意お付き合いすることで
経営のよい循環が生まれてきます。

お客様を積極的に選びましょう!
お互いに感謝し、お互いに尊重し、お互いに成長できるお客様を。

黒字百箇条の第93条は「お客様は神様じゃない」でした。

企業再生フィールド 竹田

kamisama