TOPインフォメーション

2018年01月31日
確定申告のご案内 Vol.3 「申告期限及び納期限等」

今回は申告・納付の期限についてご紹介いたします。
平成29年分確定申告の申告及び納期限は次の通りとなっています。

 
・ 所得税・・・平成30年2月16日(金)~3月15日(木)
(医療費控除などの還付申告は1月4日(木)から受付をしております。)

・ 消費税及び地方消費税・・・平成30年1月4日(木)~4月2日(月)

・ 贈与税・・・平成30年2月1日(木)~3月15日(木)

期限後申告になった場合、納める税金には無申告加算税が課されます!
納付すべき税額に対し、原則として
50万円までは15%、50万円を超える部分は20%
の割合を乗じて計算した金額となります。
ご注意ください!!

中山会計では
平成30年1月15日(月)~2月28日(水)の期間に資料受付をしております。

皆様には余裕のある申告・納税をしていただきたいと思っておりますので、
お早目のご準備をよろしくお願いいたします。

ご不明な点などありましたら、中山会計までご相談ください。

会計部 片山

2018年01月29日
確定申告のご案内Vol.2 「確定申告をする必要がある人」

確定申告の時期がやってきました。

毎年、この時期になると「確定申告しなくていいのか、どうなのか?」
という問合せが必ずあります。
サラリーマンでも副業がある方は、場合によっては申告しなくてはいけません。
例えば、こんな方です。

①給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
②給与を1か所から受けていて、各種の所得金額
(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
③給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、
各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が
20万円を超える方 (※)
最近、話題の仮想通貨は雑所得になります。
給与を受けていて仮想通貨の所得(儲け)が20万円を超える方は
確定申告をする必要があります。
また仮想通貨の申告方法等は別途、詳しくご紹介します。

逆に申告不要の代表例は、

①退職所得は、退職金の支払の際に支払者が所得税及び復興特別所得税を
源泉徴収するだけで所得税及び復興特別所得税の課税関係は終了するため、
申告不要のケースが多いです。
②年金収入の方は、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、
公的年金等に係る雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合には、
確定申告不要です。

これらは、一例です。詳しくは、弊社にご気軽にお問い合わせください。

(※)給与所得の収入金額から、所得控除の合計額
(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く。)
を差し引いた金額が150万円以下で、
更に各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)
の合計額が20万円以下の方は、申告不要です。

会計部 月田

2018年01月29日
第123回今週の気づき・学び「面倒くさいの裏には生産性向上のヒントが」

こんにちは、財務部の田村です。
第123回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「面倒くさいの裏には生産性向上のヒントが」

経済評論家の勝間和代氏はロジカルシンキングで有名ですが、
仕事だけではなくプライベートでもロジカルシンキングで、
例えば、家の各部屋、キッチン、車の中にも各所タブレットが置かれているとのこと。
持ち運ぶことが面倒、無駄ということみたいです。

私たちの普段の仕事においても、
この作業って面倒くさいよなというものがあると思います。
そのような時はビッグチャンス!!
効率化に取り組み生産性を上げるチャンスです。

面倒くさいことをそのままにしていても、
その作業が来るたびに毎回毎回面倒くさい気持ちが蓄積されるだけですが、
一度、面倒くさい作業を効率化させてしまえば、
今までとは明らかに生産性が変わると思います。

一生、ガタガタ道を車で進むのと、
一度、道を整備してから車で進むのとでは、
燃費も走行距離もかなり違うのではないでしょうか。
それが自分だけではなく、後続車にも影響するとしたら効果は何倍にもなります。

面倒くさいことを毎日探すのも面白いものです。
周りに「面倒くさい」はありませんか?

財務部 田村誠司

magnifier3_man

2018年01月29日
第122回今週の気づき・学び「言葉に耳を傾ける」

こんにちは。
会計部2課 課長 黒梅です。
第122回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「言葉に耳を傾ける」

私は役職に就いて以来常に
お客様と当社を
当社内の仲間と仲間を
繋ぐことを求められ
繋いでいかなければならないと、
それが役職に就くものの一つの大きな使命である
と感じています。

そしてそのために大切なのは周りの全ての皆様とのコミュニケーション

しかし情けないことに、毎日の仕事に追われコミュニケーションが
どうしてもおろそかになっているのがこれまでの現実です。

本年は「繋ぐ」使命を果たすため、コミュニケーションの出発点である
「相手の言葉に耳を傾ける」=「受信」
を常に大切にして仕事に取り組みます。

皆様、これまで以上に何なりとお気軽にお声がけください。
決して受信漏れが無いよう取り組みますので
本年もどうぞよろしくお願い致します。

会計部2課 課長 黒梅

mimi_sumasu_man

2018年01月25日
piece up 1月号

1月号

 

~目次~
1.新年のご挨拶
2.『石川県バリアフリー社会推進賞』受賞いたしました
3.ほっとインフォメーション
4.なかやまづかん

pdfはこちらからダウンロードできます→piece up H30.1

 

2018年01月22日
確定申告のご案内 Vol.1「確定申告ブログ開始」

こんにちは。
確定申告委員会 委員長の田村です。

個人事業主の皆様におかれましては、
2017年いかがでしたでしょうか。
2018年が既に始まっておりますが、

2017年の結果を知る、分析することは、
2018年の経営をする上で非常に大切です。
今年も確定申告をしっかりしていきましょう。

当社では確定申告の資料収集を1月15日(月)より行っております。
お早目のご準備をお願い致します。

本日より確定申告に関するブログを随時アップしていきます。
お得な情報もございますので、乞うご期待ください。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

確定申告委員長 田村誠司

2018年01月22日
第121回今週の気づき・学び「真似をする」

「真似をする」

こんにちは、会計部の南です。

今回は先輩の高井さんから得られた気づきをご紹介したいと思います。

毎週のミーティングで生産性向上による業務の効率化というテーマで
各自の意見を発表しています。
その中で高井さんが発表した意見(とある作業のやり方)が気になりました。

何年も前からそのやり方がある事は知っていましたが、
正直そんなに作業効率は変わらないかな?と思い取り入れていませんでした。
でも高井さんが言うのならと真似する事にしてみました。

すると自分が思っていた以上に効率よく作業をする事が出来ました!

年を重ねれば重ねる程に自分の仕事のやり方が変えづらくなり、
変えたくない気持ちも強くなりがちです。
頑なにならずに今までの自分の仕事のやり方が本当に効率的なのか冷静に見つめ、
周りの人を見て、周りの人の意見に耳を傾ける。
そして時には今までのやり方を捨てて
新しい事をやってみる事で得られるものもあると気づかされました。
会計部 南

businesswoman2_idea

2018年01月17日
新入社員の引出しVol.25「妥当な金額」

みなさん、こんにちは。
今回は「妥当な金額」について考えていきたいと思います。

経営者の皆様や、経理をされている皆様が必ず直面してしまう悩みの中に
役員報酬はいくらまで出して良いのか?
旅費規程の金額はいくらまで良いのか?等の金額の疑問があると思います。

調べてみても〇〇円までなら大丈夫です。なんていう記載は見当たりません。
税法や通達を見ても、社会通念上妥当な金額、
一般に公正妥当な金額等と書かれていてはっきりしません。
ですから、どこまでが許容範囲なのか、その判断は曖昧で非常に難しい問題です。

私たちが参考にするのは、
過去の判例や過去の税務署の判断、他の同規模同業他社との比較です。
公正妥当な金額はいくらか、税法ではどこまで経費として認められるか、
過去の裁判で数多く争われています。

むやみに金額を決定し、損金と認められなかった。
そもそも事業を継続していくには不適切な金額設定であった。
そうならないためにも、ぜひ一度ご相談ください。
0120-39-5233

会計部 尾山

ojisan3_question

2018年01月15日
第120回今週の気づき・学び「今どきの仕事の仕方について考えた」

こんにちは。
財務部 浅田です。
第120回の「ベスト気づき・学び」を紹介します。

「今どきの仕事の仕方について考えた」

先日、出張途中の新幹線で仕事をしていた際
非常に仕事の効率がいいと感じました。

考えてみると、理由は2つあります。
1つ目は、電話が鳴ったり周りから声をかけられたりすることがなく
集中できる環境にあること。
2つ目は、何時までにこれを終わらせるなど考えずに
ゆとりを持ってじっくり取り組めること。
環境を整え、業務の効率化を進めることは重要だと思いました。

また、仕事の緊急度と重要度についても考えました。
普段仕事をしていると、緊急度の高い仕事から着手してしまいがちです。
当社でも生産性向上に取り組んでいますが、生産性を上げるためには
効率化だけでなく付加価値向上も欠かせません。
付加価値を向上するためには、重要度が高い仕事、
例えば、品質アップ・顧客満足への取り組み、
現状の課題への対応、将来を見据えた社内改革などがあると思います。

当社では委員会活動という日常業務と離れた課題解決や
将来に向けた取り組みを行っています。
この委員会活動は重要度の高い仕事だと気づきました。
緊急度が高い仕事に時間をとられず重要度が高い仕事をするためには
予め、いつ、何時間、どれだけの周期(週1回など)でやるかを決めることが必要です。

現在はクラウドが浸透しており、働く場所、時間は自由です。
ベストパフォーマンスを出せる環境を整え効率化を進め、
重要度が高い仕事をして付加価値を向上することが必要だと思いました。

財務部  浅田 章大

kaisya_man

2018年01月12日
石川県バリアフリー社会推進賞 施設部門奨励賞を受賞しました。

IMG_2670

今年50周年事業の一環として、社屋の増改築を行いました。
その中で、障害のある方や高齢の方も安心してご来社頂けるよう
全館バリアフリー対応としました。

IMG_2669

エントランスは自動ドアとし、スロープや手すり・バリアフリートイレを設置しました。
またエレベーターを備えているので、2階のセミナールームまで段差無くお入り頂けます。

ぜひ体験しにお越し下さい。お待ちしております。

総務課 鍛治

1 2