TOPインフォメーション

2017年04月6日
黒字第九十五条「密度の低い工程はどこか?」

巻物95

こんにちは。
企業再生フィールドの奥田です。

黒字百箇条の第九十五条は「密度の低い工程はどこか?」です。

今回は生産性についてです。

先日、黒字会社の方から教えていただいたことで、
「なるほど、、、」と学んだことです。

何かを生産する製造業を想像してください。
いくつもの工程があって製品が完成する製造業です。

生産性の向上を検討するために、
まず工程を細分化します。

その上で、

一人あたりの生産量も大切ですが、
各工程の一時間あたりの生産量に焦点をあてます。

各工程の一時間あたりの生産量が同じなら、
各工程の密度は最適化されていると考えます。

密度にばらつきがあれば、
▼どこかの工程で人数が不足している
▼どこかの工程で資材が過剰になっている
▼どこかの工程で技術力が不足している
▼どこかの工程で段取りが悪い
などの問題があるということ。

各工程ごとの生産量の密度を合せていくことで、
最適な生産が可能となります。

ぜひ、ご参考ください。
黒字百箇条の第九十五条は「密度の低い工程はどこか?」でした。

 
企業再生フィールド 奥田

034872

2017年04月4日
黒字第九十四条「外部の血を活かす」

巻物94

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第94条は「外部の血を活かす」です。
中小企業が大手企業に比べて不足しているもの。
それは、お金と人。

この2つはニワトリと卵のような関係にあります。
お金を増やすためには人が必要で、人を採用するにはお金が必要です。

では、どちらが先かと問われれば、僕なら断然、人が先!と答えます。

よい人がいないと事業は成長しません。長続きせずに終わってしまいます。
ですから、事業を成長させるカギは
いかによい人を採用できるかにあるといってもいいでしょう。

中小企業が人を採用する時は多くの場合、中途採用ということになりますが
よい人を採用するために大事なことは…?

その人が社会人としての基礎能力を身に着けているかどうか。
柔軟な発想力を持っているか。
そして、これまでに経験してきた社外の美風を自社に伝えてくれるかどうか。

こういった「人的能力」が、即戦力としてのスキルと同じくらいにとても大切なのです。

そして、無事採用することができたなら、その人の「人的能力」を
何としてでもうまく社内に取り入れることです。

例えば、大手企業出身の人は新入社員の時から
財務の知識や常識的な立ち振る舞いなど
中小企業ではなかなか手が回らない基礎教育を受けています。
こういった人が持つ「人的能力」をうまく社内に取り入れることができれば
事業の成長は加速するに違いありません。

人を採用する時には
即戦力としてのスキル以外の「人的能力」も重視すること。
そして、採用したその「人的能力」を社内に深く深く根付かせること。
これが肝要です。

黒字百箇条の第94は「外部の血を活かす」でした。

企業再生フィールド 竹田

223205

2017年04月3日
第88回ベスト気づき・学び「日頃のコミュニケーションが大事」

財務コンサルティング部の奥田です。
第88回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「日頃のコミュニケーションが大事」

従業員が100名を超えたとき、
経営者と従業員のコミュニケーションは、
どうあるのが良いでしょうか?

先日、ある経営者の方から教わる機会がありました。

その方が心がけているのは、

「日頃の小さなコミュニケーションを大事にする」

ことだそうです。

意思疎通のズレは、最初の頃は小さなズレです。
少しの時間で簡単に解決できます。

ところが、

ズレが生じたまま放置しておくと、
気がついたとき(火がついたとき)には、
解決が困難な状態になっています。
ときには「従業員の退職」ということも、、、。

従業員が100名を超えている経営環境は、
非常に忙しくもあると思いますが、
そのような中でも日頃の小さなコミュニケーションを大事にしている姿勢は、
ぜひ見習いたいと思いました。

財務コンサルティング部
奥田 龍史

kaisya_kaiwa_communication

2017年03月30日
黒字第九十三条「お客様は神様じゃない」

巻物93

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第93条は「お客様は神様じゃない」です。

「お客様は神様です!」
お馴染みのこのフレーズを誤って理解していませんか?
お客様の会社の経営会議などに参加させていただいていると
そう感じることがあります。

本来の意味は
「あたかも神前で祈るときのように雑念を払って澄みきった心で完璧な芸をお見せする」
(三波春夫オフィシャルサイトより)
ということです。
決して、お客様は「神様のように偉い」という意味ではなく
お客様と「神様と向かい合う時のように綺麗な心で向かい合う」
という意味です。

売上を伸ばし、事業を成長させていくには
「お客様は神様のように偉い」という考えから離れることです。

お客様には、「お付き合いしたいお客様」と「そうでないお客様」がいると仮定して
考えてみましょう。

みなさんにとって「お付き合いしたいお客様」とは?
みなさんいとって「そうでないお客様」とは?

一度、会社全員でそれを定義してみましょう。

「お付き合いしたいお客様」と誠心誠意お付き合いすることで
経営のよい循環が生まれてきます。

お客様を積極的に選びましょう!
お互いに感謝し、お互いに尊重し、お互いに成長できるお客様を。

黒字百箇条の第93条は「お客様は神様じゃない」でした。

企業再生フィールド 竹田

kamisama

2017年03月28日
テレ金ちゃんの取材班がやって来ました!

先日、当社でテレビ金沢の小田島愛アナウンサーと
カメラマンの方による取材が行われました。

弊社代表社員の中山雅人の税理士業務と音楽活動を紹介したいとの事でした。
撮影は和気あいあいと行われ無事収録が終わりました。

DSC_0085

DSC_0091

この模様は3/31(金)にテレビ金沢 となりのテレ金ちゃんの
「二刀流」のコーナーにてオンエアされますので、是非ご覧下さい。

PR委員会

2017年03月28日
創業50周年記念祝賀会 開催のお知らせ

50ppppppppp

開催概要

日時 平成29年11月10日(金曜日)
17時00分より(予定)

内容 基調講演
記念式典 及び 記念パーティー

受付 16時00分

会費 10,000円(予定)

会場 ホテル日航金沢 4階宴会場 鶴の間
金沢市本町2-15-1
電話 076-234-8800

開始時間等は変更になることがあります。
詳細につきましては随時当ページにてご案内させて頂きます。

お問合せ
税理士法人中山会計 50周年実行委員会
TEL 076-243-5233

DSC_0083

2017年03月27日
第87回ベスト気づき・学び「言葉ではなく立ち振る舞いで伝えたい」

財務コンサルティング部の竹田です。
第87回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「言葉ではなく立ち振る舞いで伝えたい」
『自分、不器用ですから』
故・高倉健さんのCMでのセリフです。

不器用な僕が、会計事務所に勤めて今年で17年目になります。
そして、50歳になる節目の年でもあります。

毎日、お客様とお会いして
税金や経営のことについていろんなお話をします。
時には、経営についてお客様の耳に痛いことを
お話しすることもあります。

考えや思いを言葉にしても、人には案外伝わらないものです。
何度も言葉を重ねても伝わらない。
耳には届いてはいても影響を与えることはできない。

そんな日々の中でたどり着いた自分なりの答え。
言葉だけでは伝わらない。
言葉に力を持たせるには、立ち振る舞いも重要なんだ。
何を語るかではなく、誰が語るか。

言葉だけに頼らず、行動で伝える。
健さんのように、背中で語れる男にならねば。

財務コンサルティング部
竹田 健一

135191

2017年03月24日
piece up 3月号

piece up 3月号

 

1.確定申告業務完了しました!
2.確定申告、新規100件達成しました!
3.社屋リニューアルのご案内(第二弾)
4.皆さん、サッカーしましょう♪
5.「株式会社 中山パートナーズ保険」に社名が変わりました

pdfはこちらからダウンロードできます→piece up H29.3

2017年03月24日
piece up 2月号

piece up 2月号

 

1.社屋リニューアルのご案内(第一弾)
2.今年の確定申告はこんな企画をご用意しました!

pdfはこちらからダウンロードできます→piece up H29.2

2017年03月23日
「生命保険セミナー」を開催しました

平成29年3月15日「生命保険セミナー」を
弊社セミナールームにて開催いたしました。
講師は中山会計グループ、株式会社中山パートナーズ保険の川越が
務めさせていただきました。

今回は生命保険の仕組みと活用方法について説明いたしました。

ご参加いただいたお客様からは、
「今日のセミナーの資料がほしい」
「弊社に見合う保険の提案をしてほしい」
「定期保険の活用で期間の延長・短縮ができることがわかった」
というお声をいただき、皆様熱心に聞いておられました。

073

生命保険についてご不明な点がございましたら、
弊社担当までお気軽にお問い合わせください。

弊社ではお客様に情報を発信するために
さまざまなテーマのセミナーを開催しております。

次回は4月28日(金)半年に1度の税務調査セミナーを開催予定です。
皆さまのご参加をお待ちしております。

セミナー委員会
表 克次

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 94