TOPインフォメーション

2017年01月25日
確定申告のご案内 Vol.5 「申告期限及び納期限等」

今回は申告・納付の期限についてご紹介いたします。

平成28年分確定申告の申告及び納期限は次の通りとなっています。

・ 所得税・・・平成29年2月16日(木)~3月15日(水)
(医療費控除などの還付申告は1月4日(水)から受付をしております。)

・ 消費税及び地方消費税・・・平成29年1月4日(水)~3月31日(金)

・ 贈与税・・・平成29年2月1日(水)~3月15日(水)
期限後申告になった場合、納める税金には無申告加算税が課されます!

納付すべき税額に対し、原則として
50万円までは15%、50万円を超える部分は20%
の割合を乗じて計算した金額となります。

ご注意ください!!

中山会計では
平成29年1月16日(月)~2月28日(火)の期間に資料受付をしております。

皆様には余裕のある申告・納税をしていただきたいと思っておりますので、
お早目のご準備をよろしくお願いいたします。

ご不明な点などありましたら、中山会計までご相談ください。

会計コンサルティング部 片山

2017年01月24日
黒字第八十八条「人間にしかでいないことを追求する」

%e5%b7%bb%e7%89%a988

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第88条は「人間にしかでいないことを追求する」です。

ご存知の通り、人工知能(AI)が生活の中にどんどん浸透してます。
これまで人間が行ってきた仕事が、コンピュータに取って代わられつつあります。

例えば、我々の会計事務所業界はその最たるもので
会計データの入力や勘定科目の仕訳などが
すごい勢いでコンピュータで自動化されつつあります。
これまで一生懸命行ってきた会計事務所のメインの仕事がなくなる日が
すぐ目の前まで来ています。
この流れは他の業界でも同様だと思われます。

これは文明とか産業の進化の過程であって、誰にも止めることはできません。
どんどん仕事の現場から人間が不要になってくるわけです。
新たな「産業革命」とも言えるかもしれません。

反復的な作業、定型的な作業、一定の条件に基づいた判断業務などは
コンピュータの得意とするところです。

一方で、コンピュータの苦手な仕事は
緻密な職人技や臨機応変な対応、総合的な判断。
人と人との緊密なコミュニケーション。感性や感情に大きく関わる部分です。

人間にしかできない部分の仕事を追求し、極めていくことで
人類の幸福の新しい形を見つけることが
今、この時代に生きる私達の役割なのかもしれません。

それは、創造的な仕事、人に幸福感を与える仕事ということになるでしょう。
これから先の未来には、このような仕事だけが人間の手に残るのかもしれません。

どうやら今私達はそんな歴史の転換点に立っているようです。

黒字百箇条の第88条は「人間にしかでいないことを追求する」でした。

企業再生フィールド 竹田

2017年01月23日
確定申告のご案内 Vol.4 「確定申告をする必要がある人」

確定申告の時期がやってきました。

毎年、この時期になると「確定申告しなくていいのか、どうなのか?」
という問合せが必ずあります。
サラリーマンでも副業がある方は、場合によっては申告しなくてはいけません。

 

例えば、こんな方です。

①給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
②給与を1か所から受けていて、各種の所得金額
(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
③給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、
各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が
20万円を超える方 (※)

(※)給与所得の収入金額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、
寄附金控除及び基礎控除を除く。)を差し引いた金額が150万円以下で、更に各種の
所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円以下の方は、申告不要です。

 

逆に申告不要の代表例は、

①退職所得は、退職金の支払の際に支払者が所得税及び復興特別所得税を
源泉徴収するだけで所得税及び復興特別所得税の課税関係は終了するため、
申告不要のケースが多いです。
②年金収入の方は、公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、
公的年金等に係る雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合には、
確定申告不要です。

これらは、一例です。詳しくは、弊社にご気軽にお問い合わせください。

会計コンサルティング部 月田

2017年01月20日
確定申告のご案内 Vol.3「消費税」

こんにちは。
税務コンサルティング部の奥田です。
本日は消費税の性質について簡単にご紹介します。

消費税は平成31年10月1日から税率が10%に上がることに
変更になりましたね。

ところで、

そもそもの消費税の仕組みはご存知でしょうか?

消費税は、預かった消費税(入金に含まれる消費税)から
支払った消費税(支払に含まれる消費税)を差し引いて、
差額を納付するという仕組みとなっています。

税率が上がると負担が増えたと思われがちですが、
この仕組みで計算されることを踏まえると、
実は税率が変わっても基本的に損得はないのです。

多く預かった場合は納税になりますし、
多く支払った場合は控除されますので、
得したり、損したりすることはないのです。
※本則課税の場合です。

いかがでしょうか、
少し意外だったかもしれませんが、
消費税とはそういう税金なのです。

財務コンサルティング部 奥田

2017年01月19日
黒字第八十七条「のれんは痛んでいませんか?」

%e5%b7%bb%e7%89%a987

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第87条は「のれんは痛んでいませんか?」です。

一般的に、「のれんを守る」「のれんを引き継ぐ」などと言いますが
この場合の「のれん」とは、伝統・信用のことです。

あなたの会社やお店の「のれん」の状態はどうですか?
伝統をしっかりと守ることができていますか?
お客さまの信用に十分こたえることができていますか?

自分の会社やお店の「のれん」が今どうなっているか
ときどき立ち止まって
時には客観的に
冷静に見てみることが大切です。

企業の大事な使命の一つは、いつまでも継続していくことです。
そして、継続していくためには
「時代と共に変わっていく部分」と「時代が変わっても変わらない部分」
そのどちらも大切です。

何を変えて、何を守るか。
それを最終的に判断するのは、現経営者のあなた一人しかいません。

黒字百箇条の第87条は「のれんは痛んでいませんか?」でした。

企業再生フィールド 竹田

2017年01月18日
確定申告のご案内 Vol.2「NISA」

常務社員税理士の小嶋です。

さて、今回は「確定申告のご案内vol.2」ということで「NISA」のご案内です。

2014年1月1日より適用開始されましたNISA(ニーサ)。

もうすでに口座をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、
浸透度はまだまだのようです。
株式にかかわることなんだろうけど…
まだ口座をお持ちじゃない方にとっては、正直よくわからないですよね!
NISAとは正式名称は「少額投資非課税制度」といいまして、概要は名前のまま。
「少額の投資であれば配当や売却益は非課税となりますよ」という制度です。
2016年は非課税枠が100万円から120万円に拡大され
4月からはジュニアNISAも開始しております。
また来年年度税制改正では積立NISAというものも設定される予定です。

詳しいご相談はぜひ中山会計まで。
効果的な制度は効果的に使いましょう!!

常務社員税理士 小嶋

2017年01月17日
黒字第八十六条「精神論は最終兵器」

巻物86

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第86条は「精神論は最終兵器」です。

スポーツも経営も戦争も同じですが
「精神論」は最終兵器であって、通常兵器は「科学的な思考」です。

戦史を例にとるまでもなく、
科学的な思考なくして、戦(いくさ)には絶対に勝つことはできません。

時には、「火事場の馬鹿ヂカラ」や「土壇場のミラクル」が起こることもありますが
それはあくまでも窮地に陥った時に稀に起きることであって
ふだんからはそう何度も起きることではありません。

そこのところの認識が欠けている経営者の方が意外と多いようです。

多くの大手企業にあって、多くの中小企業にないもの。
それがこの「科学的な思考」ではないでしょうか。

たとえば
商品・サービスごとの数量、価格、粗利率。工程や工種ごとの労働時間。
そして、ターゲットとなる顧客の特性。
これらの情報を集めて、科学的に分析する。
仮説を立てて、その仮説を検証する。

このプロセスを省略して、精神論を振りかざしてばかりでは
業績が一向に良くならないばかりか、社内が疲弊する一方です。

実際の仕事には、あいまいにしておく部分も確かに必要ですが
それはできるだけ少しであるべきでしょう。
黒字百箇条の第86条は「精神論は最終兵器」でした。

企業再生フィールド 竹田

2017年01月16日
確定申告のご案内 Vol.1「確定申告ブログ開始」

新年明けましておめでとうございます。

確定申告委員会の田村です。

個人事業主の皆様におかれましては、
2016年いかがでしたでしょうか。

2017年が既に始まっておりますが、
2016年の結果を知ることは、
2017年の経営をする上でも大事です。
今年も確定申告をしっかりしていきましょう。

当社では確定申告の資料収集を1月16日(月)より行っております。
2月15日(水)までに資料をご持参いただいた方には、
素敵なプレゼントを用意しております!!
お早目のご準備をお願い致します。

本日より確定申告に関するブログを随時アップしていきます。
お得な情報もございますので、乞うご期待ください。
今年も宜しくお願い致します。

確定申告委員会 田村誠司

2017年01月15日
委員会・フィールド紹介「医療フィールド」

こんにちは。PR委員会の川﨑です。

中山会計では、主たる業務の他に、
「フィールド」や「委員会」と呼ばれるチームを組織しています。
日常とは違う業務をいつもと異なるメンバーで行うことで
自らの仕事の幅を広げ人間性を磨いています。

中山会計を皆さまにより深く知っていただくために、
6つのフィールドをご紹介させていただきます!

今回は医療フィールドをご紹介します。

活動内容:
病医院税務会計、医療法人設立、医業経営に関する様々な相談

メンバー:
中島(リーダー)、表

DSC_0120

(写真 左より 表、中島)

病院、医院はその地域に根差し地域医療に無くてはならない存在です。
しかしながらドクターの皆様は日々の治療に没頭しながらも、
経営者としてスタッフを採用し医療機器の購入や患者に対して
サービスの向上も考えなくてはいけなく多忙な業務をこなしておられます。

ドクターの皆様の経営における悩み事は様々です、人に関する事や、
税金や設備投資に関する事など多岐にわたります。
私たちはそのようなお悩みに答えられるように、
最も身近なアドバイザーとなれるように取り組んでおります。

とりわけ、近年では医療法人の設立や、持分有の医療法人から持分なしの
医療法人への移行を含めた事業承継の相談が増えてきました。当社では
事業承継においても私たちの医療フィールドだけでなく相続やM&Aを
専門にするスタッフをそろえ共同してドクターの皆様のお悩みの解決に
あたっています。

医療フィールドではドクターの皆様が安心して地域医療に専念し
目標とする治療の実現のサポーターとして対応してまいります。
どのようなお悩みでもご相談ください、お待ちしております!

次回は、相続・不動産フィールドの紹介です。

PR委員会 川﨑

2017年01月12日
黒字第八十五条「人格を磨き続ける」

巻物85

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第85条は「人格を磨き続ける」です。

経営者の責任は重大です。
経営者の肩には従業員だけでなく、その家族の生活も乗っています。
それを自覚しているが故に、経営者の悩みは深いわけですが
腹を割って相談できる人も少なく
みなさん、孤独を感じていらっしゃると思います。

そんな経営者にさらに重い課題があります。

それは、「人格者であることを求められる」ということです。

人の上に立って、経営権・人事権を握る経営者は
いわば、従業員の生殺与奪の権利を持っていると言えるでしょう。

そのため、従業員は経営者にできる限り人格者であって欲しいと願うものです。

高邁な人格者である経営者が悩みに悩んで下した決断であれば
たとえ自分では十分納得がいかない場合であっても
できる限りその指示や命令には従おうと努力するものです。

極端なたとえですが
「この人のためなら死ねる」
経営者のことをこう思えることができれば、従業員は案外幸せです。
黒字百箇条の第85条は「人格を磨き続ける」でした。

企業再生フィールド 竹田

1 17 18 19 20 21 22 23 24 25 96