TOPインフォメーション

2017年01月16日
確定申告のご案内 Vol.1「確定申告ブログ開始」

新年明けましておめでとうございます。

確定申告委員会の田村です。

個人事業主の皆様におかれましては、
2016年いかがでしたでしょうか。

2017年が既に始まっておりますが、
2016年の結果を知ることは、
2017年の経営をする上でも大事です。
今年も確定申告をしっかりしていきましょう。

当社では確定申告の資料収集を1月16日(月)より行っております。
2月15日(水)までに資料をご持参いただいた方には、
素敵なプレゼントを用意しております!!
お早目のご準備をお願い致します。

本日より確定申告に関するブログを随時アップしていきます。
お得な情報もございますので、乞うご期待ください。
今年も宜しくお願い致します。

確定申告委員会 田村誠司

2017年01月15日
委員会・フィールド紹介「医療フィールド」

こんにちは。PR委員会の川﨑です。

中山会計では、主たる業務の他に、
「フィールド」や「委員会」と呼ばれるチームを組織しています。
日常とは違う業務をいつもと異なるメンバーで行うことで
自らの仕事の幅を広げ人間性を磨いています。

中山会計を皆さまにより深く知っていただくために、
6つのフィールドをご紹介させていただきます!

今回は医療フィールドをご紹介します。

活動内容:
病医院税務会計、医療法人設立、医業経営に関する様々な相談

メンバー:
中島(リーダー)、表

DSC_0120

(写真 左より 表、中島)

病院、医院はその地域に根差し地域医療に無くてはならない存在です。
しかしながらドクターの皆様は日々の治療に没頭しながらも、
経営者としてスタッフを採用し医療機器の購入や患者に対して
サービスの向上も考えなくてはいけなく多忙な業務をこなしておられます。

ドクターの皆様の経営における悩み事は様々です、人に関する事や、
税金や設備投資に関する事など多岐にわたります。
私たちはそのようなお悩みに答えられるように、
最も身近なアドバイザーとなれるように取り組んでおります。

とりわけ、近年では医療法人の設立や、持分有の医療法人から持分なしの
医療法人への移行を含めた事業承継の相談が増えてきました。当社では
事業承継においても私たちの医療フィールドだけでなく相続やM&Aを
専門にするスタッフをそろえ共同してドクターの皆様のお悩みの解決に
あたっています。

医療フィールドではドクターの皆様が安心して地域医療に専念し
目標とする治療の実現のサポーターとして対応してまいります。
どのようなお悩みでもご相談ください、お待ちしております!

次回は、相続・不動産フィールドの紹介です。

PR委員会 川﨑

2017年01月12日
黒字第八十五条「人格を磨き続ける」

巻物85

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第85条は「人格を磨き続ける」です。

経営者の責任は重大です。
経営者の肩には従業員だけでなく、その家族の生活も乗っています。
それを自覚しているが故に、経営者の悩みは深いわけですが
腹を割って相談できる人も少なく
みなさん、孤独を感じていらっしゃると思います。

そんな経営者にさらに重い課題があります。

それは、「人格者であることを求められる」ということです。

人の上に立って、経営権・人事権を握る経営者は
いわば、従業員の生殺与奪の権利を持っていると言えるでしょう。

そのため、従業員は経営者にできる限り人格者であって欲しいと願うものです。

高邁な人格者である経営者が悩みに悩んで下した決断であれば
たとえ自分では十分納得がいかない場合であっても
できる限りその指示や命令には従おうと努力するものです。

極端なたとえですが
「この人のためなら死ねる」
経営者のことをこう思えることができれば、従業員は案外幸せです。
黒字百箇条の第85条は「人格を磨き続ける」でした。

企業再生フィールド 竹田

2017年01月10日
黒字第八十四条「NOマンを使いこなす」

%e5%b7%bb%e7%89%a984

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第84条は「NOマンを使いこなす」です。

経営者のあなたの近くにいて、とても素直なその人は
もしかしてYESマンではありませんか。

YESマンとは、「無批判に従う人・盲従する人」のことです。

一般的にワンマン経営者は、YESマンで周りを固めて
批判的な態度の人を遠ざけるといわれています。

経営者のあなたの周りには、批判的な態度で
どうも使いにくいと感じさせる人はいませんか?

もしもいるのなら、
その人は単なる「文句たれ」ですか。
それとも、納得いかなことには従えない
「会社のことを真剣に考えている人」ですか。

経営者のあなたは、その人がそのどちらであるかを
見極める必要があります。

そして、もしもその人が後者であれば
遠ざけることなく、何とか頑張って使いこなしてみましょう。

たぶん、一筋縄ではいかない面倒くさい人でしょうが
ひとたび味方になれば、底無しのパフォーマンスで会社を支えてくれることでしょう。

黒字百箇条の第81条は「NOマンを使いこなす」でした。

企業再生フィールド 竹田

2016年12月28日
小規模事業者持続化補助金のご案内

『小規模事業者持続化補助金』の公募が始まっています!

この補助金は、小規模事業者が商工会・商工会議所の支援を受けて
経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部が
補助されます。

□対象者
常時使用する従業員の数が20人以下の会社及び個人事業主
卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)は従業員の数が
5人以下の事業者

□支援内容
【一般型】
補助率:補助対象経費の2/3以内
補助上限額:50万円、
100万円(賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策)
500万円(複数の事業者が連携した共同事業の場合)

□募集期間
平成28年11月4日(金)~平成29年1月27日(金)

□販路開拓等とは・・・
① パンフレットやチラシの作成
② 広告掲載やホームページ作成
③ 機械を購入し、生産力の向上を図る
④ 新しい商品・製品の開発
⑤ 別事業・新規事業への事業拡大
⑥ 商品パッケージ(包装)の改良  など
新規顧客の獲得や客単価の引上げを図る取組み等も対象になります。

当社では、小規模事業者持続化補助金の応募のお手伝いをさせていただいております。
応募してみたい!詳しい話を聞いてみたい!と思われる方は
お気軽に当社までお問い合わせください。
076-243-5233
担当 黒梅(くろうめ)・金谷(きんや)

補助金・助成金Field 金谷

2016年12月27日
「マイナンバー実務セミナー」を開催しました

平成28年12月16日「マイナンバー実務セミナー」
近江町交流プラザにて開催いたしました。
今回の講師は弊社税理士の中島が担当させていただきました。

28年1月から施行されているマイナンバーの実務については、
今回の年末調整・支払調書から本格的に始める方が多いのではないでしょうか。

今回はマイナンバーを取り扱う流れに沿って、
必要となる資料や段取りについて説明いたしました。

ご参加いただいたお客様からは、
「やらなければならないと思っていながら一歩が踏み出せませんでした」
「今日、詳細を学ばせていただいたのですぐに行動します」
というお声をいただきました。

28-12-22-%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e5%86%99%e7%9c%9f5

マイナンバーについてご不明な点がございましたら、
弊社担当までお気軽にお問い合わせください。
弊社ではお客様に情報を発信するために
さまざまなテーマのセミナーを開催しております。

次回は新年の1月27日(金)
第1部「H29年度税制改正セミナー」
第2部「相続百人一首で学ぶ相続対策」を開催予定です。
皆さまのご参加をお待ちしております。

セミナー委員会
奥田 龍史

 

2016年12月26日
piece up 12月号

piece-up-12%e6%9c%88%e5%8f%b7

 

1.秘書検定2級 合格発表
2.ベスト気づき・学び☆2016
3.委員会紹介「50周年準備委員会」「確定申告委員会」
4.相続支援コンサルタント講習の講師を務めました
5.第3回インターンシップを開催しました
6.「不動産セミナー」を開催しました

pdfはこちらからダウンロードできます→piece-up-h28-12

2016年12月22日
第84回ベスト気づき・学び「生産性を向上する」

会計コンサルティング部の田村です。
第84回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「生産性を向上する」

仕事には工程があります。
工場のラインはイメージしやすいと思いますが、
当社のような会計事務所にあっても工程は存在します。

例えば、申告では
取引→領収書、請求書整理→帳簿記帳→入力→監査→決算→申告→納税
という流れがあります。

この1つ1つの大工程が更に幾つもの中工程、小工程に分かれます。
この工程に1つでも不備があると、このラインは止まります。
領収書が整理されていない、
入力する人が決まっていない等々

最初から誰が何をやるか決まっていて、
イレギュラーなこともなく、
予定通りに行けばラインは機能します。

当社では、最近、組織体制が変わったり、
増築改修工事中のため人員が物理的に分かれたりと
変化がありました。

仕事の工程を再度考え、
変化に応じたラインを組みなおし、
生産性を向上する必要があります。

会計コンサルティング部 田村誠司

034872

2016年12月20日
第83回ベスト気づき・学び「挑戦することに意義がある」

税務コンサルティング部の瀧田です。
第83回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

『挑戦することに意義がある』

新聞で配管設備業を営んでいた79歳の方が
ヒマラヤ登山に成功したという記事を読みました。
これからも挑戦を続けて高齢者に勇気を与えたい、とのことでした。

私も山登りを続けていますが、
自分の体力を考えてやめようかと思っていたので新鮮な刺激を受けました。

今、弊社の広報誌であるPieceUpで来年の抱負を書く機会を頂き、
何かに挑戦したい気持ちが湧いてきます。

私は走ることが好きですが、よく「金沢マラソンは走らないの」と聞かれます。
そのときは「3kmから5kmを走るのが好きです」と答えますが、
来年は県内外のマラソン大会に6回以上(今年は5回)、
チャレンジしようと思います。
私は、前掲の記事から挑戦することの大切さと大きな勇気をいただきました。

税務コンサルティング部 瀧田

yamanobori_man

2016年12月19日
第3回インターンシップを開催しました

12月12日から2日間、2名の学生をお迎えしてインターンシップを開催しました。

弊社教育研修委員会作成のカリキュラムにて、
会計入力から決算報告会まで会計事務所の基本的な仕事を経験していただき、
財務コンサルティング部による、
M&A、相続、起業支援や企業再生をテーマとした業務説明会を行いました。

仕事の内容はもちろん職員の仕事に対する姿勢や事務所の雰囲気を肌で感じ、
業務以外の事も学んでいただけたようです。

今回の学生はまだ2年生です。
お2人とも将来のビジョンをしっかり見据えており、
意識の高さに良い刺激を受けました。

また、最後にいただいたインターンシップの感想を拝見し
『お客様と共創しよう』という弊社の想いが
たった2日間という短い間にも関わらず感じ取っていただけたようで
大変うれしく思いました。

このインターンシップが今後の職業選択の参考となり、
希望する職業に就けることを お祈り申し上げます。

ご参加いただきました2名の皆様、有難うございました。

尚、次回のインターンシップは1月12日13日に開催予定です。
皆様のご参加を従業員一同お待ちいたしております。
※エントリーはマイナビから※
PR委員会 村浜

dsc_0003%e6%b1%ba%e5%ae%9a1219

 

1 17 18 19 20 21 22 23 24 25 95