TOPインフォメーション

2017年04月18日
黒字第九十八条「お得意様をおろそかにしていませんか」

巻物98

こんにちは。
企業再生フィールドの竹田です。

黒字百箇条の第98条は「お得意様をおろそかにしていませんか」です。

多くの企業を見ていて感じること。
それは、企業が成長できるか、衰退していくかの差は
「お得意様」をどれだけ大切にしているかにある、ということです。

新しいお客様を増やすことは、企業にとって重要なことです。
売上こそが企業が生きていくための源泉ですから
新しい源泉を探すことは間違いではないでしょう。

それでは、新しいお客様を増やすために、どれだけの人と時間を使っていますか。
それによって、現在の「お得意様」を結果的にないがしろにしていませんか。

企業にとって人も時間も限りのある資源です。
人を採用すれば解決する、という単純なことではありません。
新しいお客様を頑張って増やしても、長年の「お得意様」を失ってしまっては
収益の面からみても大失敗です。

一度立ち止まって、自社の現場の様子をじっくりと見つめて下さい。

「お得意様」に甘えてはいませんか?
新しいお客様の方ばかり向いていませんか?
「お得意様」だからこそ、真正面からじっくりと向き合って
誠心誠意、その期待に応えなければいけません。

どうやら、ここを安易に考えている経営者の方が多いようです。

今、ここに自社があるのは、長年ささえてくれた「お得意様」のおかげです。
その「お得意様」と真摯に向き合い、気持ちにお応えしていくことが
「お得意様」への恩返しにもなります。
そして、それが次の新商品、新サービスのヒントにもつながります。

これができて初めて、本物の「お得意様」を増やすことができるわけです。

「お得意様」が最優先。
「お得意様」の心の声に耳を傾けましょう。しっかりと。

黒字百箇条の第98条は「お得意様をおろそかにしていませんか」でした。

企業再生フィールド 竹田

sichifukujin_hotei

2017年04月17日
第90回ベスト気づき・学び「出会いの大切さ」

税務コンサルティングの瀧田です。
第90回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「出会いの大切さ」

確定申告で年に1度しか会えないお客様とは人間関係が深まる感触がなく、
事務的なやりとりで終始してしまうことが多いです。

そこで今回申告書を持参して説明に上がったところ、納得して話を聞いてもらえ、
良い人間関係を築くことができたように思います。

やはり、人と話すことが原点だと思いますし、
これからも情報提供や税務会計のご指導を大切にしていきたいです。

税務コンサルティング部 瀧田 仁

couple_setsumei

2017年04月14日
税理士登録のお知らせ

この度、税理士試験合格を経て、無事税理士として登録させて頂くことになりました
税務コンサルティング部サブマネージャー/相続不動産field担当の森本と申します。

DSC_0136

私は、平成12年4月に新卒として中山会計に入社致しました。
税理士試験の勉強は20歳から始めましたので
人生の半分は試験勉強と共にあったことになります。

試験勉強と仕事の両立は確かに厳しいものでしたが、
職場の仲間の支え、お客様からの温かい応援のお蔭で
合格まで走り続けることができました。

これからも相続専門税理士としてより質の高い税務を皆様に提供できるよう
精進してまいります。

これまで支えてくださった皆様に深く感謝を申し上げるとともに、
今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

森本友治

2017年04月13日
黒字第九十七条「周りにいる人たちの会社は黒字ですか?」

巻物97

こんにちは。
企業再生フィールドの奥田です。

黒字百箇条の第九十七条は「周りにいる人たちの会社は黒字ですか?」です。

「周りにいる人たちの会社は黒字ですか?」

人は周りの環境から影響を受けやすいと言われます。

たとえば、周りにいる人が前向きな人ばかりの集団にいると、
何を考えても前向きに物事を捉えるので、
自分も自然と前向きになっていきます。

関西弁もそうですね。

毎日のように使っている言葉でさえ、
関西の方に囲まれて数分話をしているだけで、
影響を受けてしまったことはありませんか。

となると、、、

黒字になって黒字を継続するには、
黒字を継続している会社の人たちと一緒にいることが
大事になります。

黒字になる秘訣の一つは、
自社の内面を改善するのみでなく、

自分たちの周りの環境を、
自分たちがなりたい方向に整えることですね。

黒字百箇条の第九十七条は「周りにいる人たちの会社は黒字ですか?」でした。
企業再生フィールド 奥田

プレゼンテーション1kkkk

2017年04月11日
黒字第九十六条「自分の1時間を何に使っていますか?」

巻物96

こんにちは。
企業再生フィールドの奥田です。

黒字百箇条の第九十六条は「自分の1時間を何に使っていますか?」です。

黒字会社の社員様は時間に対する感覚が鋭いように思います。

何をするにしても、
どれくらいの時間を使って、
いつまでに仕上げるのかを決めています。

これができるのは、日頃から自身の1時間を
どのように使っているかを意識しているからです。

たとえば、次のようなことです。

○1時間あたりの生産量(=売上高)
今の1時間がどのくらいの生産量になるか、つまり、売上になるかを
わかりながら1時間を使っている。

○1時間あたりのコスト
自分の給与から考えて、今の1時間がどのくらいのコストになるかを
わかりながら1時間を使っている。

○1時間あたりの営業効果
今の1時間が売上に直接影響しなくても、どのくらいの契約になるかを
わかりながら1時間を使っている。

これらのことを意識しながら、さらに、
1時間あたりの効果を改善するべく工夫をする。

これが継続されるので、
時間が経てば経つほど利益体質になっていきます。

ぜひ取り入れていきたいことですね。

黒字百箇条の第九十六条は「自分の1時間を何に使っていますか?」でした。

 
企業再生フィールド 奥田

130388

2017年04月10日
第89回ベスト気づき・学び「感謝と笑顔」

会計コンサルティング部の米澤です。
第89回の「ベスト気づき・学び」をご紹介します。

「感謝と笑顔」

今回2回目の確定申告を終えまして、
前回よりはほんの少しですが仕事の流れを理解できたような気がします。

先輩方の段取りの良さや、丁寧な指導に感謝です。

何よりも、忙しい中でも笑顔のある職場であることが、
中山会計の良い雰囲気に繋がっているんだなと、改めて感じました。

毎日笑顔を大切に、頑張りたいと思います。

会計コンサルティング部1課 米澤

あああああああああああああああああ

2017年04月7日
新入社員の紹介「小山 紗映」

4月より入社致しました。小山紗映と申します。

社会人1年目ということもあり、慣れないことの連続ですが
毎日新鮮で充実しております。

趣味は体を動かすことです。
私自身、興味のあることは何でも1度やってみたい性分で、
海でも山でもどこへでも行きます。
この性格を仕事でも活かして、
どんどん新しいことに挑戦していきたいです。

学生のころから会計事務所で働くことが夢で、
こうしてお仕事をさせていただけることが
本当に喜ばしく、誇りに思います。
お客様のお役に立てるよう、一生懸命頑張りますので
よろしくお願いいたします。

会計コンサルティング部2課 小山 紗映

ブログ用小山さん

2017年04月7日
新入社員の紹介「尾山 秀樹」

初めまして。4月3日より新入社員として中山会計に入社いたしました。

会計コンサルティング部2課の尾山秀樹と申します。

出身は、金沢から車で2時間半ほどかかる石川県の最先端の珠洲市です。
3月に金沢から車で10時間ほどかかる本州最西端、
山口県下関市にある大学を卒業しました。

Uターンではありますが、いざ金沢での新生活をスタートさせると
金沢特有の細いヘビのような道や金沢の方々の話す方言など、
金沢特有のモノに驚き、戸惑い、感動しながら日々生活しています。

とても、魅力的な、この金沢という町で人生に一度しかない、
新社会人として働くことができることを非常に嬉しく思っております。
社会人として、まだまだ至らないことが多いですが、
中山会計の社員としての自覚をもって、笑顔を大切にして、
真摯に業務に取り組んでいきます。
一日も早く、お客様にも笑顔を届けることができるように頑張ります。
宜しくお願い致します。

会計コンサルティング部2課 尾山 秀樹

ブログ用尾山さん

2017年04月7日
新入社員の紹介「本田 敏起」

はじめまして。
4月から新卒入社しました本田 敏起と申します。

出身は小松です。
最近、今迄田畑だった所にどんどん店舗が建ち、期待と寂しさを感じております。

趣味はランニングで、気が向いたら近くの川まで走って夜風を浴びるのが心地いいです。
大好きなことは音楽を聴きながらドライブすることです。
その足でいろんなものを買ってしまいがちなのが悩ましいところです。

現在の自分は人から元気づけられることの方が多いですが、
少しでも早く、先輩方やお客様に元気を与えることができるように、
一歩ずつではありますが、学びを積み重ねていきます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

会計コンサルティング部1課 本田 敏起

ブログ用本田さん

2017年04月6日
黒字第九十五条「密度の低い工程はどこか?」

巻物95

こんにちは。
企業再生フィールドの奥田です。

黒字百箇条の第九十五条は「密度の低い工程はどこか?」です。

今回は生産性についてです。

先日、黒字会社の方から教えていただいたことで、
「なるほど、、、」と学んだことです。

何かを生産する製造業を想像してください。
いくつもの工程があって製品が完成する製造業です。

生産性の向上を検討するために、
まず工程を細分化します。

その上で、

一人あたりの生産量も大切ですが、
各工程の一時間あたりの生産量に焦点をあてます。

各工程の一時間あたりの生産量が同じなら、
各工程の密度は最適化されていると考えます。

密度にばらつきがあれば、
▼どこかの工程で人数が不足している
▼どこかの工程で資材が過剰になっている
▼どこかの工程で技術力が不足している
▼どこかの工程で段取りが悪い
などの問題があるということ。

各工程ごとの生産量の密度を合せていくことで、
最適な生産が可能となります。

ぜひ、ご参考ください。
黒字百箇条の第九十五条は「密度の低い工程はどこか?」でした。

 
企業再生フィールド 奥田

034872

1 20 21 22 23 24 25 26 27 28 103